やばうま。

オカン(母)が趣味でやっている野菜づくりが、去年オカンの妹が近所に引っ越してきたことでパワーアップしているらしい。電話などでアレが甘かっただの、美味しかっただのという話をするばかりで、ちっとも私には分け与えてくれないので『じゃあ送ってくれよ!』と半ギレ気味で訴えてみた。

この前、おとう(父)が札幌ドームでの巨人戦のチケットを買ったから一緒に行くんだといってオカンが札幌へ来た。その時に野菜を持ってきてくれたのはいいんだが、その選択はどこかオカシイ。
まず大量のミニトマト。私、一人暮らしなんですが?と実際に言ったほどの量のミニトマト。と、普通のトマト6個。何回も書くが、大量のミニトマトと、普通のトマト6個。トマトだらけ。
そしてキュウリが4本、まあこれはいいとする。束のようなパセリも、刻んで冷凍できるからいいとしよう。欲しいと一番訴えたスナックエンドウはちょびっと。あまり採れなかったらしいから、まあこれもいいとしよう。
それから大葉(しそ)が30枚。
大葉30枚。
だから、私は一人暮らしですよ?!ミニトマトとかなら友人や同僚に分けたり出来るけど、大葉はそうもいかないでしょ?!大葉を配るヒトなんて聞いたことも見たこともないよ!しかもメインで食べれるものじゃないし!!
オカン曰く、『大丈夫、市販のものと違って長持ちするから。冷蔵庫で一週間から10日は平気だよ』  …その一週間から10日(しかも一人)で30枚の大葉を食べ尽くせと?!

腐らせるのは忍びないから頑張って食べたよ。
そうめんや冷奴の薬味にしたりして。(ちなみにそうめんは好物ではない)

残り10枚になったところで、なんとか一気に消費できないかを考えてみた。そこで作ったのが、中身が鶏肉とチーズと大葉の春巻き

まずは大葉を洗って、よく水気をきっておく。
鶏肉(ササミ)は塩・胡椒をふって下味をつけてから少量の白ワインを加えて焼き、冷ましてから適当にさいておく。
その間にチーズを小さめに刻む。今回使ったのは冷蔵庫にあったカチョカバロというチーズ。加熱に向いてるチーズならなんでもいけそう。スライスチーズとかがあると巻く時に楽かも。
あとは春巻きの皮(ミニサイズを使用)に大葉を1枚まるごとのせ、さらにそこへササミとチーズをのせて巻く。ウチにはフライ用の鍋がないので、フライパンに多めの油をひいて焼いたけど、春巻き自体は小さいのでそれで充分。

f0024852_23581391.jpgこれが自分で作っておいてなんだけど、ヤバウマだった。マジうまい。そのうちまた作ろう。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-18 19:34 | 美味しいもの
<< 花火。 ブレイク。 >>