苦笑。

以前スペイン語を友人から習っていた時のノートが出てきた。しかもコピーして使っていた教材も一緒に。最近また“スペイン語を習いたい熱”上昇中なので、つい読み始めてしまった…が、もう全然わからない(T△T) だいぶ最初の頃までページをさかのぼってようやくわかる言葉を見つけるといった感じ。ショック…。

教材を読むのはやめて、今度はノートを眺めてみた。
自分で書いてる分、教材よりはわかりやすいけど…やっぱり謎の言語と化してる。ガッカリしつつ読んでいると、自分のノートなのに思わず『クスッ』と笑ってしまったところがあった。
レッスン中に、話しながら出てきた単語(レッスン内容とは関係ないもの)をノートの端にメモ(というか走り書き)するクセがあるんだけど、そこには何故か
berracho(-cha) →よっぱらい と書かれていた。
そのページで書かれている内容から考えて、レッスンは挨拶文が中心。何の話をしてたのよ?!他にもそんなのがたくさんあった。

文章を作る課題を出されているところでは、身近な話題で文章を作ろうとよく言われていたんだけど…案の定、悪ノリしまくりの文章が作られていたねー。中でも多いのは自画自賛・妄想・お酒のネタ。一緒に習っていた知人が大の酒好きなので、おそらくこのヒトがらみで“よっぱらい”が出てきたと思われる。
“siempre(いつも)”を使って文を作れという課題の所で、
○○(知人の名前) siempre bebe muchos vinos .(○○はいつもたくさんワインを飲む。)という私が作った文に対して何故か先生(友人)からテストでもないのに“BONUS点”が与えられ、“Sí claro !(もちろん!)”とコメントが添えられていた。(笑)

楽しそうだなコイツら…と、他人事のように思ってみたり。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-15 20:17 | その日あったコト
<< 穀物。 2回目。 >>