カテゴリ:趣味のコト( 9 )

気合いだけ?

以前から『もしかして?』と思ってはいたけど、やっぱりそうだった。
スペイン語とイタリア語って似てる!同じラテン語から派生した言語だから似ていて当然といえば当然なんだけど。今までイタリア語に触れる機会は皆無に近かったからなぁ…。

強いていえばシドニー時代にイタリア人と付き合ってた時くらい。でも英語でしか話さなかったし、イタリア語を教えてもらおうという気もなかったから、覚えたコトといえば…『 Ciao! 』は別れる時だけじゃなく『 Hello! 』と同じように使えるってことだけ。
付き合ってた期間も長くなかったしな( ̄▽ ̄;)ゞ
他は…レストランのメニューを読めるくらい?
その彼がシドニーにある“ Little Italy ”と呼ばれる地区(チャイナタウンのイタリア版みたいなもの)にあるイタリアンレストランへ連れて行ってくれたことがあった。カジュアルな雰囲気のレストランではあったけど、少しだけオシャレして行くような本格的なお店。イタリア料理のマナーなんて知らないからドキドキしたけど、彼がさりげなくアドバイスしてくれた。イタリア男のエスコートは素晴らしいんだ。エスコートはね。(笑)
料理がすごくおいしかったから、一生懸命メニューのイタリア語を覚えて帰ってきた。次の日は彼を捕まえてはその復習。(彼はバイト先の隣にあるカフェで働いていた)

結局、会話をするためのイタリア語は何一つ知らないわけで。

…話を戻して。
やっぱりもう一度スペイン語を勉強しようという気持ちが強くなってきて、ふと同時進行で別の言語も頑張ってみようかという気にもなってきた。
昔なにかの本で2ヶ国語以上の言葉を習得したい時、同時に学ぶのと別々に学習するのとでは、前者の方が学習効率がいいと読んだことがあった。特に似ている言葉同士。その時は例として英語とドイツ語が挙げられていたんだけど。
そこで、どうしようかイロイロ考えた。
私が習得したい言葉(の理想)は英語・スペイン語・イタリア語・ドイツ語・中国語。
メインに据えているのは今はスペイン語。英語もモチロン勉強するつもり。どうせだからもう一つくらい欲張ってみるか?と、本屋で語学のコーナーの本を読み漁った。

スペイン語の本や辞書は家にもあるので、他の言語から。まず手に取ってみたのはドイツ語。数冊読んでみるが、あまり気力が湧いてこない。私が挙げた言語の中では一番自分に馴染みのない言葉だから仕方がないのかも。
その後でイタリア語の教材本を読んでみる。
それで気づいた。スペイン語との共通点が多いということに。パラパラと目を通しただけで同じ言葉の単語も数個見つけた。
vino (ワイン) mano (手)  casa (家)  libro (本)  etc
発音は違うかもしれないけど、スペルもスペイン語と同じ!
これは決定でしょ。イタリア語万歳!(笑)

そんなわけで本を吟味して購入。辞書は高いから迷ったんだけど、一緒に外で夕食を食べたばかりに本屋にまで付き合わされた父親が辞書を買ってくれた。ワーイ♪(鬼だな)
独学でどの程度いけるかわかんないけど、気合いだけは入っていたり。
いやいや、気合いだけでは終わらないように努力は致しますとも。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-21 22:11 | 趣味のコト

末期。

Il DIVO の“ THE CHRISTMAS COLLECTION ”を買ってしまった。真夏に。
少し前までは買う気なんて無かったんだ。だっていつもなら好きなアーティストであってもオムニバス系とか、こういうクリスマスソングとかのCDは買わないから。シングルや re-mix アルバムですらよほどの理由がない限り、躊躇するくらいだもの。
だけどDVDで“ O HOLLY NIGHT ”を歌う彼らを観てるうちにムラムラ(?!)と。 チョットは迷ったんだ。『そこまでハマる気なのか?!』と。いや、もう充分ハマってるのは自覚してるけどね。だけど普段なら買わないCDまでも買うの?と。 なのについでに本まで買っちゃった。“ ROMANCING THE WORLD ~A BIOGRAPHY OF IL DIVO~ ”っていう洋書。だっていつも Amazon が強くオススメしてくるから。(笑)  こういうアーティスト本だって今まで買ったことないのに。
もういよいよ末期症状だな。

今日そのCDと本が届いたわけだけど…いいね!すご~くいいね!!どれだけ私をノックアウトすれば気が済むんだアイツらは?!たいして好きでもないクリスマスソングがやけに魅力的に聴こえる。やっぱり声のイメージ的にURSが一番こういう曲にピッタリくる気がする。聖歌隊やオラトリオでの経験が長いせいもあるのかな?本領発揮?!
いつもより多いURSの稀少な高音ソロに悶えてみたり。曲の特性のせいかもしれないけど、普段ならDavid が歌ってそうな高音ソロを聴けてウレシイ♪キレイな声なんだもん。(歌ってる方は高音ばかりだと大変だろうけど) それにしてもやっぱり上手いなぁ…。
クリスマスソングでもスペイン語にするんだね。自信もってスペイン語だったと言い切れるほど聴き取れてはいないけど、“ WHITE CHRISTMAS ”で 「blanca navidad sueño~…」 と歌ってたからスペイン語のハズ。

気分昂揚中だからまだ語るぞ。
私にとってのURSの魅力はその声だけど、最近になって気づいたことが。
夏になると窓を開け放すから大きい音で聴くことが出来ないじゃない。特に夜間。クレームになったらイヤだし、自分自身も他の部屋から聴こえる大音量の音楽とか話し声がイヤだから。 …で、解決策としてヘッドフォンを買った。ヨドバシのポイントで。(生々しい?)
ヘッドフォンで聴くとウットリ度がさらに増すんだ。ブレスとかもよく聴こえる。それで気づいたんだけど…URSのブレス音がやけに小さい。マイクから口元をそらすクセ(意識的?)の所為でもあるのかな。静かな歌い方をする曲ではほとんど聴こえない。しかも注意深く聴いてると…1回のブレスで続く音が長い!これはプロの歌い手としてすごい武器だよね。あぁまたウットリポイントを見つけちゃった。

ちなみに高くないヘッドフォンを買ったせいか、たまに高音部で音が割れ気味。特に“ SI TU ME AMAS ”のURSのソロパート。私にとって大事なトコなのに!(`д´)

そういえば近頃は“ HOY QUE YA NO ESTAS AQUI ”を一番よく聴いてた。この曲は私の中でのDavid の評価が一気に跳ね上がった曲なんだ。David の声の良さも技術も他の曲で充分に伝わってたけど、こんな風に歌うことも出来るのか~と感動したのをよく憶えてる。特に後半のサビ部分、ファルセット気味の切ない歌声がすごくいいんだ!これをヘッドフォンで聴くともう鳥肌モノ。きっと私のカオはかなりヤバイことになってるはず。

またヘッドフォンで“ THE CHRISTMAS COLLECTION ”を聴きながら例の本を読もうと思ったんだけど…暑さで放棄。だってこの蒸しまくりの部屋でハードカバーの本を読む気にはなれませぬ。しかも英語だし。絶対に辞書、それも英和と英英の2種類が必要なハズ。
なのでとりあえず写真だけ眺めておいた。
過去の出演作品の写真とかも載っててウレシイっすね。でもURSのオランダオペラ出演時の写真…あの中にいるのかどうかすらもわかりませんけど…; (他になかったの?!)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-20 18:17 | 趣味のコト

刺激。

引き続き今日も暑い…
暑いっつーのにカレー作っちゃったりなんかして、家の中がヒドイことになっている。オカンが姉経由でくれた枝豆を食べてる時に、ふと枝豆入りカレーを作ろうなんて思ってしまったのがいけなかった。皮膚科の病院へ行った帰りにスーパーで材料を仕入れ、帰宅。(思いがけず砂糖が安かったのでつい買ってしまい重いったらなかった)
ただでさえ暑い家の中で、キッチンはもうサウナのようだった。暑い。とにかく暑い。すぐ近くで扇風機をまわしてるのに汗が出てくる。せっく塗った日光湿疹用の薬も効果なくなってるんじゃないだろうか。でも好きなものに対する行動力は凄まじいので、暑さに耐えながら作ったカレーが出来上がる。スパイスの匂いを嗅ぐと元気出てくるよね。

その間も(毎日だけど)TVでは Il Divo のDVDかけっぱなし。近頃の元気の素ですから。つい最近までは Bon Jovi のDVDが入りっぱなしだったんだけどね。
元気の素っつーか、妄想の素?

何回聴いてもURSの声にやられっぱなし。もちろん他の3人の声もすごくイイんだけど、URSの声ほど私の脳を刺激するものはないんだこれが。
DVDの中でCarlosが『URSの声は美しいモーツァルト的テノール』と言ってたけど、思わず納得してしまう喩えだと思った。すごく繊細な声というか…。高音域の声の甘さならダントツでDavidだと思うし、低音域ならやっぱりCarlosの独壇場なんだけど、同じようにクラッシックの世界で活躍してきたこの2人の声とはなにか違う印象を持ってる。

特に私がウットリするのは2枚目のアルバム【ANCORA】の2曲目、“ISABEL”という曲。これのソロ部分がまたキレイなんだ。URSの声はこういう切ない曲によく合う。あの声で『僕のところへ戻っておいで 僕が幸せにしてあげるから』 とか 『君がいないと僕の心の火は消える』なんて歌われたら昇天しそうになるよ。(だいぶ妄想が入ってきてる) その後の『 Isabel 』と突然低く囁くように歌うところが犯罪的で、毎回ここで殺される。(CDで聴くとCarlosの声に聴こえるんだけどな…) DVDのライブ映像の中で、当然のようにここはURSのアップなんだけど、『 Isabel 』の“L”を発音する舌の動きがイヤラシイv ←嬉しそう (“L”を発音する時は皆そうだっつーの)
歌詞といえば“HASTA MI FINAL”もヤバイね。もうプロポーズですものアレは。もしも最初から最後までURSの独唱…それも生歌だったりなんかしたら、全部を聴かないうちに死んじゃうかもしれない。(どんなシチュエーションを妄想してるのやら)
そういえば“HEROE”にはどうしてURSのソロがないんだ?!(`д´)=з 暴れるぞ!
秋には3枚目のアルバム(楽しみ♪)が出るみたいだから、来年の来日コンサートの時にはその中の曲が中心になるのかな?“ISABEL”歌って欲しいんだけどなー。

ところで彼らは何ヶ国語を自由に話せるんだろう?
Davidはアメリカ出身だから英語でしょ。オペラの修士号を取ってるってことはイタリア・ドイツ語も出来そう。来日プロモーションのために日本語も少し勉強したらしいね。
Carlosはもちろんスペイン語だよね。でも生まれはドイツらしいから、ドイツ語も?David同様オペラを歌うためにイタリア語が出来るかも?英語はコミュニケーションに不自由してはいないだろうけど、聴き取りにくい訛りがある。歌ってる時の英語はキレイなのにな。
Sebastienはどうなんだろな。英語はかなり堪能っぽい。本人も言ってたけど、フランス人は他国の言語を嫌うっていうイメージがあるからな~。
一番わからないのはURS。
スイスは(スイス)ドイツ語とフランス語が多いよね。出身地からいくと多分ドイツ語圏。でも多少なりともフランス語やイタリア語に馴染みがあるだろうし、フランス人歌手に個人レッスンを受けた経歴もあるくらいだから日常会話くらいこなせちゃいそう。そして、大人になってからオランダへ移ってるから、きっとオランダ語も話せそうだな。独特の訛りで流暢な英語を話すけど、聴きづらくはない感じ。話す声も良いから、訛っててもいいんだv (重症) ちなみにスペイン語の発音は贔屓目ナシでURSが一番うまい気がする。(ラテンアメリカ系の発音しか知らない私に言われたくはないだろうけど)

いやほんとに、ヤツらは何ヶ国語を…(ーー;) 欧米の環境ってウラヤマシイ…
語学留学したーい!っていう気になってくる。自分の理想としては、英語・スペイン語・イタリア語・中国語・ドイツ語を話せるようになりたい!欲張りだけど。
フランス語は…話せたらいいだろうけど、あの発音をマスターできる気はしないので最初から白旗。あれは宇宙語ですよ!カナダ人の友人に『カマンベール』の正しい発音を教わったことがあったけど(なんでカマンベールだったのかは憶えてないけど)まったくダメだったね。そんな音出せるか!と怒りたくなってくる。スペルと発音の関係性も不思議だし。

せめて英語だけでも、今の中途半端さからレベルアップしたいな。(じゃあ勉強しろ!)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-09 18:57 | 趣味のコト

朗報。

Il Divo の公式サイトを覗いていたら≪来日コンサート決定≫という嬉しすぎるニュースがアップされていた!これはもう行くしかないでしょ。行かずしてどうする?!待望の生の歌声を聴けるチャンスだというのに!!詳細は未定とのことだったけど、たぶん東京とかでしかやらないよね?時期は来年の1月らしい。

…1月?

12月にも横浜行きを予定しているというのに大丈夫か自分?
もちろん、問題は金銭面だけど。
12月にはトヨタカップを観に行くのだ。今まではTV観戦だったけど、今年はバルサ(FCバルセロナ)が来るから行きたいな~と思ってたんだ。そしたら、サッカー好きの友人(彼はほぼ毎年のように行っているらしい)が私がバルサファンであるコトを知って誘ってくれたんだ。即答で『行く!!』と約束したし、その気持ちは今も変わってないんだけど…。
たぶん大会開催は12月の中旬頃。1ヵ月後くらいにまた上京?!ハードだ…。

いや、行きますよ。絶対に行きますよ!!
副業バイトでもしようかな…
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-26 23:48 | 趣味のコト

ブレイク。

最近、ずいぶんと Il Divo の話題を耳にするようになった。この前のワールドカップで公式テーマソングを歌ったり、小泉首相が話題にしたりなんかもして急激に日本でもブレイクしてるよね。TVでもよく紹介されてたみたいだし。
少し前から存在を知ってはいた。デビューシングルが私の好きな曲だったし、スペイン語の楽曲をよく聴く方だから少なからず興味はあったんだけど…やけに“イケメン”だのと強調されアイドル扱いされてるのが気に入らなかった。まるでヨン様ブームの時みたいだなーと。(そんな私はアンチ韓流ブーム) それにミュージカルはそこそこ好きだけどオペラには興味がない。

でもついに好奇心(?)に負けてCDを購入してみた。

やられたね。
もう完敗です。ホントすみませんでした。
その声!その歌唱力!!元ちとせ以来の感動かも。
声フェチを自認する私には特にたまりません。低めの甘いテノールは最終兵器!致命傷どころかトドメでございます。

もともとオペラ等ですでにキャリアを積んでいて、高い評価を得ている人たちが集まったユニットだというから期待は高かった。でも予想をかる~く超えた。ここまでとは思わなかった。音楽に関して素人きわまりない私だけど、この歌唱力には驚く。
個性の違う4人の声の融合もスゴイ。聴いていてウットリしてしまう。特にURS(テノール)の透明感ある声がたまらない。低音パートを歌うことが多いみたいだけど、高音もキレイな声!(ちなみにURSのカオもかなり好みだったりしてヤバイ) 同じテノールのDavid の悩殺的甘さの声も、Carlos(バリトン)の伸びのある深い声も、唯一ポップス系のジャンルで活躍していたというSebastien(テノールだけど、その経歴から vox populi という彼だけの称号がついている)の一味ちがう存在感の声もウットリしてしまう。

そして思うのは、スペイン語の勉強をしたいなぁ…と。

以前(もう3年近く前?)にメキシコ在住経験のある友人に教わっていた事はあるけど、まだ初歩的なところまでしか進んでないうちに私の引越しでレッスンを受けられなくなっちゃって、それ以来勉強してないものな。英語と違って、アルファベットすら読めない状態で始めた言葉だから、独学は難しいんだこれが。
しかも教材に使っていたものは、一緒にレッスンを受けていた知人がハワイの大学で選択授業でスペイン語の授業を受けた時に使っていたという教科書。当然、中身は英語。レッスンをしてくれていた友人も南アフリカ生まれのカナダ人。レッスンも英語だった分、かなりの難易度だったっけなー。レッスンを始めて最初の3~4回くらいはなにもかも理解不能だった。

スクールに通ってみたい気もするけど、高いんだろうし…。(友人に教わっていた時は、友人だからという事と、私が日本での生活の日常的な事柄のサポートをしていた事もあって無料でレッスンしてくれていた) あーあ、世の中なんでもカネだなぁ。

それにしても Il Divo の生歌を聴きたいもんだ。泣いちゃうかもしれないな。

f0024852_21584044.gifIL DIVO 公式サイト
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-17 10:21 | 趣味のコト

引き続き。

今日になってもまだ夢心地。
もちろんいつものようにいらん事妄想して、仕事中もニヤニヤしてたに違いない。もしもJONみたいなヒトがダンナサマだったりしたら、どんな人生だろうか?というあたりから始まり(まだこのへんの妄想はかわいらしい)、しまいには彼には既に家族がいる事に悩み、北海道が大好きな自分にアメリカ移住の決断が出来るのだろうかと必要ない心配までするに至る。
そのおかげで昨夜の夜勤では一睡も出来なかった。(笑)

だって…いつも悔しい思いをしながらライブを諦めてきたのですもの。数年越しの念願がようやく叶って、初のBON JOVI SHOW!!!有頂天にもなるわけで。

まだ2日しか経ってないのに既に遠い日のように思えて寂しいんだけども、今日も家ではDVDかけっぱなし。とりあえずサイコーっす。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-04-20 21:03 | 趣味のコト

茶。

最近、中国茶が大好き。世間のブームはとうに去ったと言われようとも、いいのだ。
以前からお茶は日本茶も中国茶もハーブティーも好きだったけど、主に紅茶にはまってた。特にニルギリ(高価!)とかヌワラエリヤとかラプサンスーチョンとか…とにかく紅茶、紅茶、紅茶だった。

だから家にある茶器も紅茶用のばかり。

しつこいけど、以前から中国茶も好きで飲んでいた。中国料理店等で出される、ポット入りの熱いお茶(特に烏龍茶)が好きだった。でも全然、知識はなくて。
それがなんのキッカケだったのかは忘れたけど、中国茶に興味がわいた。

産地、種類、味、効能、作法…。
ネットで調べたり、本を読んだり、実際に中国茶のお店へ行ったり…。一度はまると、その情熱はすごい。そして調べてみて、中国茶の奥の深さにビックリした。

中国茶には大きく6つの分類があって…。

青茶(チンチャア)→お馴染みの烏龍茶はココに分類される。
緑茶(ルーチャア)→中国でもっともポピュラーなのは緑茶なんだってさ。
白茶(パイチャア)→生産量の少ない貴重なお茶で歴史も古い。
黄茶(ファンチャア)→これも生産量が少ない貴重なお茶。
紅茶(ホンチャア)→紅茶のルーツ。ラプサンスーチョンは中国紅茶。
黒茶(ヘイチャア)→普洱(プーアール)茶はココ。

この他にもまだ種類がある。

その中でも、今のお気に入りは白茶。
900年くらいの歴史があるらしく、歴代の皇帝が好んで飲んだなんて話も残ってるんだとか。
特に白毫銀針(パイハオインヂェン)と白牡丹(パイムーダン)というのが代表的存在なんだけど、白茶は高い!良い茶葉は、ホントに高い!!
少しクセがある気がしなくもないけど、口当たりが柔らかくて、甘みがあって…すぐに好きになった。紅茶の好みもそうだけど、どうやら“あっさり・さっぱり”の味が特に好きらしい。
ちょっぴり清涼感があるのかな?と思っていたら、体内の熱を排出する効果があるといわれているらしいく、夏向きのお茶みたい。真冬に購入しちゃったい。

東京へ行った時に、従兄弟と横浜中華街にも行ってきた。
さすが、いろんな茶葉やら茶器があったなー。また行きたい。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-03-03 01:36 | 趣味のコト

達成率。

達成率100%って言葉がダイスキ。除菌くらいスキ。
でもそれはゲームに限っての話。

夜勤明けで帰ってきた日とかに、睡眠時間の調整をしようと無理やり起きてる時なんかはよくゲームの時間になる。他の事をすると眠くなる可能性が高いから。そのうえ最近は外出できない体調の日が続いたせいか、ゲームが進む進む。
いつも思うのは、『なんでゲームに対してはこんなに努力を惜しまないんだろう?』ってこと。まあ多分、“現実逃避パワー”が働いてるせいだと思うけど。

ここ最近やってたゲームは“キングダムハーツⅡ”ってやつ。もう、ドナルドダックが『グワッ』とか言いながら一緒についてくるってだけで私には楽しくてしょうがない。
これアクションRPGなんだよねー。前回の“Ⅰ”もやったんだけど、その時はまだ全然アクションやってなかった頃だからホント下手くそだったなー。最近はアクション性の高いRPGが多いのかしら。スターオーシャンとかもそうよね。これも根性で完全クリアしたけどね。(ゲームへの努力は惜しまないからね。)
何かを集めたり、いろんな条件をクリアしたりすると記録が残ったり、なんらかの特典(?)があるゲームはマジやばい。100%目指しちゃうもの。
“キングダムハーツⅡ”もそうだった。これがまた前回(Ⅰ)よりもてこずった。アクションなのは平気だった。そのへんは前回より上手だった。難しかったのは操作。だって手が、“真・三国無双”に慣れちゃってたから。(ボタンを使いやすいように変更すればいいんだろうけど、なんだかそれは悔しい。)
攻撃はなのにを押す。
視点変えはR3なのにL1を押す。 …etc
ずいぶん苦労した。
他にもミニゲームやら、何度も何度も挑戦してクリアした。
でも、達成した。100%達成した。褒めてあげたい。自分を。

いや、わかってるんだけども。
他の事で頑張れってコトはわかってるんだけども。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-01-26 22:54 | 趣味のコト

絶好調。

こんな時間なのに元気。
たった今、投稿したくせにまた更新しようとしてる。

夜更かししたらアカンと肌が訴えているのに、目が冴えててねー。
あーあれだ、さっきまでゲームやってたから。興奮してんだ、きっと。(コドモ!?)

やっぱりゲームはダメ人間の必須アイテムでしょ。
プレステ2しかないけど。
今までは麻雀とか、RPGとかの反射神経を試されないジャンルしかやらなかったんだけど、たまたま友人の家でやったアクションのゲームにはまった。
以前、義兄(姉のダンナ)に借りて“鉄拳”をやった時に、あまりの自分の出来なさ加減にガッカリしてからはアクション系は全くやってなかった。(子供の頃はマリオとかすごい上手だったのに)

で、なににハマったのかというと、“真・三国無双”ってやつ。有名なゲームらしいね。友人がそのゲームをやってるのを見物してた時は、タイトルも知らなかった。

ヒトがゲームやってるのを見るのも好きなんだけど、見てるうちになんとなく面白そうに思えてきて、2Pプレイでやらせてもらった。
・・・すぐ死んだ。
だって、説明書見なくてもわかるって言うからホントに何も見ないで始めたんだもの。
ボタンが攻撃。ボタンで強い攻撃。それ押してればいいから』
それって絶対に足りてないよね、説明。確かに間違ってないし、必要な説明だけどさ。
でもまず、画面の見方がわからなかったよ。『ここはどこ?私は誰?』の状態のまま死んだ。

それがやけに悔しくって、古いやつを借りて帰った。
ちょっとコツがわかると、すごい面白くなってきて、まんまとハマっちゃったんだね。
いまや、一番新しいやつを自分で買ってやってるよ。
たっくさんの雑魚の群集を吹っ飛ばした時はすごい快感。
私ってSだったのかな。Mだと思うんだけどな。
[PR]
by musta-kahvi | 2005-12-21 03:45 | 趣味のコト