<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

達成率。

達成率100%って言葉がダイスキ。除菌くらいスキ。
でもそれはゲームに限っての話。

夜勤明けで帰ってきた日とかに、睡眠時間の調整をしようと無理やり起きてる時なんかはよくゲームの時間になる。他の事をすると眠くなる可能性が高いから。そのうえ最近は外出できない体調の日が続いたせいか、ゲームが進む進む。
いつも思うのは、『なんでゲームに対してはこんなに努力を惜しまないんだろう?』ってこと。まあ多分、“現実逃避パワー”が働いてるせいだと思うけど。

ここ最近やってたゲームは“キングダムハーツⅡ”ってやつ。もう、ドナルドダックが『グワッ』とか言いながら一緒についてくるってだけで私には楽しくてしょうがない。
これアクションRPGなんだよねー。前回の“Ⅰ”もやったんだけど、その時はまだ全然アクションやってなかった頃だからホント下手くそだったなー。最近はアクション性の高いRPGが多いのかしら。スターオーシャンとかもそうよね。これも根性で完全クリアしたけどね。(ゲームへの努力は惜しまないからね。)
何かを集めたり、いろんな条件をクリアしたりすると記録が残ったり、なんらかの特典(?)があるゲームはマジやばい。100%目指しちゃうもの。
“キングダムハーツⅡ”もそうだった。これがまた前回(Ⅰ)よりもてこずった。アクションなのは平気だった。そのへんは前回より上手だった。難しかったのは操作。だって手が、“真・三国無双”に慣れちゃってたから。(ボタンを使いやすいように変更すればいいんだろうけど、なんだかそれは悔しい。)
攻撃はなのにを押す。
視点変えはR3なのにL1を押す。 …etc
ずいぶん苦労した。
他にもミニゲームやら、何度も何度も挑戦してクリアした。
でも、達成した。100%達成した。褒めてあげたい。自分を。

いや、わかってるんだけども。
他の事で頑張れってコトはわかってるんだけども。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-01-26 22:54 | 趣味のコト

おそもうで。

昼寝したらすっかり忘れてたけど、今日の午前中に初詣に行ってきた。
遅い。まったくもって遅いけど、神社にはまだ初詣客むけの案内板が置かれてた。いったいいつまでを初詣と認めてもらえるんだろう?

会社の後輩と10時半にパパイヤ鈴木と石塚の番組“でぶや”のパネル前で待ち合わせようと言ったのは私なのにまんまと遅刻。あああゴメンナサイヨー。
その子が、『北海道神宮の敷地内に茶屋があって、“焼餅”が食べれるらしいですよ。』という情報をどこかから仕入れてきた。普段から美味しいもの談議ばかりしているわたしたち。気にならないわけがない。そんなわけで地下鉄で北海道神宮へ。

境内に入ると、何故かロシア人まみれ。何十人いるの!?ってくらい、ロシア人まみれ。
そしてきっと、そのロシア人をのぞくと日本人は10人もいないくらい。いたるところにロシア人の人だかりが出来ていて、賽銭箱にも近づけない。おみくじ売り場にも近づけない。…『邪魔くせぇー!!』と心の中で叫ぶ。心がせまい。

おみくじは吉。まぁ、よし。

もうひとつ北海道神宮にした理由があって、それは“神宮の梅酒”。

f0024852_2184411.jpg敷地内にある梅林でとれた梅で札幌市内の酒造会社がつくっているという梅酒。これは北海道神宮でしか買えない。値段は800円。これがまたおいしい。すごくおいしい。新年の3日に、別の人が買ってきたやつを一口もらって飲んだら、予想通りやっぱり胃痛に襲われたんだけども。梅酒好きにはたまらない。

…で、茶屋。
見つからなくて、除雪をしてた守衛のおじちゃんに聞いてみたら、地下鉄で来ると見つけられないであろう場所にあった。駐車場からならわかるかも?
そこは参拝客向けの休憩所。ポットに入ったほうじ茶をタダで飲める。
そのうえ、“判官さま”という名のそば粉入り焼餅まで無料で振舞われてる。
しかもおばちゃんがそこでホットプレートで焼いてくれているというありがたさ。
六花亭プロデュース(?)らしく、そのお餅や茶葉も売られていた。

次の初詣も北海道神宮にしようと思う、下心いっぱいの2人。
すごい寒かったから、あのお茶は嬉しかったなー。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-01-19 02:22 | その日あったコト

レーズン。

スーパーでレーズンを1袋買った。人生で初めて、レーズンを自分で買った。なんでかわからないけど、買った。自分にそうさせる何かがあるんだろうか?

自分の記憶の中にある“レーズン”を検索してみる。
ヒットしたのは、ラムレーズンのアイスクリームが大好きな友達がいるコトとか、六花亭のバターサンドが好物だとか、昔まだ小さかった頃に母親がたまに気まぐれで作ってくれた蒸しパン(大人になった今は知っている。あれは母親自身が食べたい時にしか作られなかったコトを。)に時々レーズン入りバージョンがあったなーというコトくらい。

レーズン1袋を買わせるに至るには、弱い。
そんなだから当然、どうやって食べるのかということすら思いつかない。

袋の裏面を見てみる。
●カリフォルニアの太陽と大自然に育まれた甘くまろやかなレーズンは、ポリフェノール、食物繊維を含んだドライフルーツです。
●そのままお召し上がりになるほか、アイスやヨーグルト、シリアルのトッピングとしても、おいしくお召し上がりいただけます。
●お料理やお菓子作りにも最適です。

そうか。ヨーグルトか。それはいい。お菓子なんてきっと作らないしな。
冷蔵庫にプレーンヨーグルトを欠かさない自分には朗報(?)だ。

さっそく試してみる。
…なんだか微妙。いや、おいしい。おいしいんだけども。口に入れると、最初にヨーグルトの味。そのあとレーズンだけが残って、レーズンの味。別々に食べるのと同じじゃないの?コレ。

残りをどうやって消費しよう?
[PR]
by musta-kahvi | 2006-01-19 01:44 | どうでもいいコト

続・胃痛。

薬も飲みきって、快調♪
と、思いきや…まだ刺激物(特に辛いもの)にはダメージを受けることに気づく。
ガッカリー。
いつもより消化のスピードは遅く感じるけど、普通のごはん食べても大丈夫になったから、もうなんでもいけると思ってたのが間違いだった。
スパイスとして“ラー油”が入ったインスタントのラーメンを食べたら…
なんだか懐かしい痛み。
もちろん最初の痛みに比べれば、全然軽いんだけれど。

ていうか、刺激物がどうとか以前にインスタントラーメンってとこがもう油断しすぎ?

早く大好物のスープカレーを食べにいきたいのにな。
きっとまだ無理だよな…。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-01-17 06:55 | 健康・不健康

胃痛。

年末ムードが漂う12月28日の朝、夜勤明けで帰ろうとした時に突然、胃の痛みに襲われた。それも、半端じゃない激痛。
とりあえず会社にあった常備薬の胃薬を飲んでみるが治まらない。
それでもタクシー代をけちって根性で地下鉄で帰ろうと会社を出たが、痛みはどんどん激しくなってくる。地下鉄までたどり着けないかも…と思ったところで、ふと大事なことを思い出す。

『来月の家賃振り込まなきゃ』

気力を振り絞り、銀行に向かう。地下鉄の駅を通り越さなきゃならない。
歩く姿勢も徐々にナナメになってくる。見た目、あやしい。たぶんあやしい。
着いたら着いたでATMは並んでる。顔つきも平静を保っていられなくなってくる。
あやしさは増すばかり。

ようやく振り込んで、通帳をケースにも入れずバッグに押し込んで銀行を出たところでついにギブアップ。タクシーを拾う。
タクシーの中で横にならせてもらうが、どんな姿勢をとっても痛みは変わらない。
初めて味わう激痛に、弱気になってくる。
家に着くなり、着てた服を脱ぎ散らかして布団の中に直行。

痛い。とにかく痛い。胃を握りつぶされそうな…というのが一番近い表現?
なんとか気を紛らわせようと声に出して痛がってみる。
『痛いよぉ~…』
かなり情けない。そのうち、亀のようにうずくまるとチョットだけ楽になることに気づく。
そのままようやく2時間くらい眠るが、起きてもやっぱり痛い。

観念して近所の病院へ行くことにする。
…が、外は吹雪。タクシーも大忙しらしく、時間がかかると言われる。
でも歩いてたどり着けそうにないので、おとなしく待つ。

その間に痛みがひいてきた。
病院で待たされてる間にも、どんどん楽になって、
『病院、来た意味なかったかも?』
なんて思い始めたが、なんとなく胃のあたりに違和感は残る。
看護婦さんに熱はないかと聞かれ、『ないです』とキッパリ答えたくせに計ってみると37度。
てへっ。
痛みにいっぱいいっぱいになってて気づかなかった。

とりあえず胃壁が弱って荒れてるとのこと。
つまり胃潰瘍の初期の段階。
もともと胃腸は弱いけど、まさかそんなこと言われると思ってもみなかった。

仕事を休むことも出来ず、しょんぼりな年末年始になった。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-01-02 22:25 | 健康・不健康