<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

セレブ気取り?

以前から北欧の住宅や雑貨などがすごく好きでたまに集めていたんだけど、前々からフィンランドの iittala(イーッタラ)というメーカーの食器が欲しいと思ってて。愛用していたiittala製のガラスのボウルが1個割れちゃったし。でもなかなか自分の手にとって商品を見る機会に恵まれなかったんだ。
ネット販売でたくさん種類を扱っているサイトは知ってるけど、やっぱりどうしても自分の目で見ないと気が済まない!だって決して安いものじゃないし。今回に限らず、ネット販売を利用する時は自分が見たことないものは絶対に買わない。見なくても、どういうものかがわかるもの(CDやDVD、本とか、一度見たことあるものとか)は別として。

一部の商品は時々デパートや雑貨のショップで見かけたことはあるけど、本当に一部だけ。それで、直接 iittala 本社のホームページで、札幌でたくさん種類を扱っているショップ(店頭で商品を見れる店)はないかという問い合わせをしてみた。
この対応がまた迅速で驚いた!!
メールを送った翌日、iittala の日本総代理店だというスキャンデックスという会社からメールが届いていて、札幌市内にあるショップをHPのURLつきで2店紹介してくれた!メールを送ったのが前日の夜だったから、1日も経ってない!!感動!

今朝、夜勤明けでそのまま後輩を巻き添えにして一緒に行ってみた。
ショップは2軒とも札幌市内の円山という地区にある。円山といえば、ちょっぴりセレブな気分を味わえるところですよ!
最初に行った店は欲しい種類のものがなくて、次の店へ。
2軒目の店は、なんだか高級な雰囲気漂う雑貨店。置いてる物の値段がスゴイ。そこで欲しかったマグカップを発見。でも一番欲しかった色は廃盤になり、手に入らないとのこと。
f0024852_0261321.jpgさんざん悩んだ挙句、そのマグカップのシンプルさに惹かれて2つ購入。
わかりづらいけど、マグカップの色は濃いブラウン。狙っていたのはダークイエローだったんだけど。その色のお皿を在庫処分価格で入手できたから満足としよう。自分史上一番高価なマグカップでございます。でも長く使えるものだからいいよネ。

その後、ちょうどお昼だったので円山でランチを取ろうということになった。平日の昼間に円山でランチ!気分(だけ)はセレブマダム。
裏参道と呼ばれるショップが集まる通りに、友人の知り合いがイタリア料理の店をオープンさせると話してた記憶が蘇り、その友人に電話をしてみた。…が、夜しか営業してないとのこと。残念。ついでだからその店を見に行ってみようと、場所を聞いて向かう途中でスペイン料理の店の前を通った。
路上に出されていた≪本日のランチ≫の看板がやけに目を引いた。後輩もその看板に釘付けだったので、そこでランチを取ることに。

すごいおいしかったー。私が選んだのはタパス(小皿料理)セット。1300円也。3種類のタパスとパン(or ライス)とサラダ、飲み物、デザートがついてこの値段はかなりお得。飲み物はコーヒーか紅茶かサングリアを選べるというので、迷わずサングリアを注文。後輩が『サングリアってなんですか?』というので、赤ワインにオレンジとかのフルーツを入れて…と説明してあげると、即答で『じゃあサングリアで!』と頼んでいた。さすが飲兵衛…。
昼間に食前酒としてワイン(サングリア)を飲みつつ円山でランチ…なんてセレブな気分なんだろうと話す、アホ2人。天気の良い暑い日だったので実際気分よかったなー。料理も美味しかったし、デザートに出たロゼワインのゼリーとアイス入りシュークリームも美味しかった♪

ハッ!またスペイン?!Σ(゜д゜) これはもう、スペイン語を学べという啓示か?!(また妄想を暴走させた末に行き着いた考え)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-31 16:08 | その日あったコト

朗報。

Il Divo の公式サイトを覗いていたら≪来日コンサート決定≫という嬉しすぎるニュースがアップされていた!これはもう行くしかないでしょ。行かずしてどうする?!待望の生の歌声を聴けるチャンスだというのに!!詳細は未定とのことだったけど、たぶん東京とかでしかやらないよね?時期は来年の1月らしい。

…1月?

12月にも横浜行きを予定しているというのに大丈夫か自分?
もちろん、問題は金銭面だけど。
12月にはトヨタカップを観に行くのだ。今まではTV観戦だったけど、今年はバルサ(FCバルセロナ)が来るから行きたいな~と思ってたんだ。そしたら、サッカー好きの友人(彼はほぼ毎年のように行っているらしい)が私がバルサファンであるコトを知って誘ってくれたんだ。即答で『行く!!』と約束したし、その気持ちは今も変わってないんだけど…。
たぶん大会開催は12月の中旬頃。1ヵ月後くらいにまた上京?!ハードだ…。

いや、行きますよ。絶対に行きますよ!!
副業バイトでもしようかな…
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-26 23:48 | 趣味のコト

花火。

友人と花火大会を見に行ってきた。
混雑必至の会場までは行かずにビルの屋上にあるビアガーデンから見てやろうと企んだんだけど、なんでそういう日に限って寒いんだ?!屋上なものだから風も強い。哀しいぞ北海道!プルプル震えながら薄暗い照明の中でジンギスカンをつつく私達はなんだかチョッピリみじめな気持ちを味わった。
そして肝心の花火は半分も見ていなかった気が…。意味ねぇじゃん!

最近ずっと食欲がなくて、最初に誘われた時は『ジンギスカンか…』とあまり乗り気じゃなかったけど、やっぱり友人と集まって食べると気分で食べれるものだね。
特においしいジンギスカンではなかったけど、楽しかったからいいや。
それにしても寒かったな(==;)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-22 01:35 | その日あったコト

やばうま。

オカン(母)が趣味でやっている野菜づくりが、去年オカンの妹が近所に引っ越してきたことでパワーアップしているらしい。電話などでアレが甘かっただの、美味しかっただのという話をするばかりで、ちっとも私には分け与えてくれないので『じゃあ送ってくれよ!』と半ギレ気味で訴えてみた。

この前、おとう(父)が札幌ドームでの巨人戦のチケットを買ったから一緒に行くんだといってオカンが札幌へ来た。その時に野菜を持ってきてくれたのはいいんだが、その選択はどこかオカシイ。
まず大量のミニトマト。私、一人暮らしなんですが?と実際に言ったほどの量のミニトマト。と、普通のトマト6個。何回も書くが、大量のミニトマトと、普通のトマト6個。トマトだらけ。
そしてキュウリが4本、まあこれはいいとする。束のようなパセリも、刻んで冷凍できるからいいとしよう。欲しいと一番訴えたスナックエンドウはちょびっと。あまり採れなかったらしいから、まあこれもいいとしよう。
それから大葉(しそ)が30枚。
大葉30枚。
だから、私は一人暮らしですよ?!ミニトマトとかなら友人や同僚に分けたり出来るけど、大葉はそうもいかないでしょ?!大葉を配るヒトなんて聞いたことも見たこともないよ!しかもメインで食べれるものじゃないし!!
オカン曰く、『大丈夫、市販のものと違って長持ちするから。冷蔵庫で一週間から10日は平気だよ』  …その一週間から10日(しかも一人)で30枚の大葉を食べ尽くせと?!

腐らせるのは忍びないから頑張って食べたよ。
そうめんや冷奴の薬味にしたりして。(ちなみにそうめんは好物ではない)

残り10枚になったところで、なんとか一気に消費できないかを考えてみた。そこで作ったのが、中身が鶏肉とチーズと大葉の春巻き

まずは大葉を洗って、よく水気をきっておく。
鶏肉(ササミ)は塩・胡椒をふって下味をつけてから少量の白ワインを加えて焼き、冷ましてから適当にさいておく。
その間にチーズを小さめに刻む。今回使ったのは冷蔵庫にあったカチョカバロというチーズ。加熱に向いてるチーズならなんでもいけそう。スライスチーズとかがあると巻く時に楽かも。
あとは春巻きの皮(ミニサイズを使用)に大葉を1枚まるごとのせ、さらにそこへササミとチーズをのせて巻く。ウチにはフライ用の鍋がないので、フライパンに多めの油をひいて焼いたけど、春巻き自体は小さいのでそれで充分。

f0024852_23581391.jpgこれが自分で作っておいてなんだけど、ヤバウマだった。マジうまい。そのうちまた作ろう。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-18 19:34 | 美味しいもの

ブレイク。

最近、ずいぶんと Il Divo の話題を耳にするようになった。この前のワールドカップで公式テーマソングを歌ったり、小泉首相が話題にしたりなんかもして急激に日本でもブレイクしてるよね。TVでもよく紹介されてたみたいだし。
少し前から存在を知ってはいた。デビューシングルが私の好きな曲だったし、スペイン語の楽曲をよく聴く方だから少なからず興味はあったんだけど…やけに“イケメン”だのと強調されアイドル扱いされてるのが気に入らなかった。まるでヨン様ブームの時みたいだなーと。(そんな私はアンチ韓流ブーム) それにミュージカルはそこそこ好きだけどオペラには興味がない。

でもついに好奇心(?)に負けてCDを購入してみた。

やられたね。
もう完敗です。ホントすみませんでした。
その声!その歌唱力!!元ちとせ以来の感動かも。
声フェチを自認する私には特にたまりません。低めの甘いテノールは最終兵器!致命傷どころかトドメでございます。

もともとオペラ等ですでにキャリアを積んでいて、高い評価を得ている人たちが集まったユニットだというから期待は高かった。でも予想をかる~く超えた。ここまでとは思わなかった。音楽に関して素人きわまりない私だけど、この歌唱力には驚く。
個性の違う4人の声の融合もスゴイ。聴いていてウットリしてしまう。特にURS(テノール)の透明感ある声がたまらない。低音パートを歌うことが多いみたいだけど、高音もキレイな声!(ちなみにURSのカオもかなり好みだったりしてヤバイ) 同じテノールのDavid の悩殺的甘さの声も、Carlos(バリトン)の伸びのある深い声も、唯一ポップス系のジャンルで活躍していたというSebastien(テノールだけど、その経歴から vox populi という彼だけの称号がついている)の一味ちがう存在感の声もウットリしてしまう。

そして思うのは、スペイン語の勉強をしたいなぁ…と。

以前(もう3年近く前?)にメキシコ在住経験のある友人に教わっていた事はあるけど、まだ初歩的なところまでしか進んでないうちに私の引越しでレッスンを受けられなくなっちゃって、それ以来勉強してないものな。英語と違って、アルファベットすら読めない状態で始めた言葉だから、独学は難しいんだこれが。
しかも教材に使っていたものは、一緒にレッスンを受けていた知人がハワイの大学で選択授業でスペイン語の授業を受けた時に使っていたという教科書。当然、中身は英語。レッスンをしてくれていた友人も南アフリカ生まれのカナダ人。レッスンも英語だった分、かなりの難易度だったっけなー。レッスンを始めて最初の3~4回くらいはなにもかも理解不能だった。

スクールに通ってみたい気もするけど、高いんだろうし…。(友人に教わっていた時は、友人だからという事と、私が日本での生活の日常的な事柄のサポートをしていた事もあって無料でレッスンしてくれていた) あーあ、世の中なんでもカネだなぁ。

それにしても Il Divo の生歌を聴きたいもんだ。泣いちゃうかもしれないな。

f0024852_21584044.gifIL DIVO 公式サイト
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-17 10:21 | 趣味のコト

低反発。

ついに念願の低反発枕を購入した。私にアホなくらい甘い父親がオカネを出してくれるというので、素直にその言葉に甘えることにした。

閉店間近の東急ハンズで散々サンプルの枕を試し、憧れのテンピュールのXSという一番低いタイプを選択。今夜から快眠生活の始まりっすよ♪腰痛持ちの私は、本当は枕よりも低反発のマットレス(当然テンピュール製)が欲しいんだけど、さすがに4~5万もするものは買えません。いつかセレブ妻になれたら買ってやる!(なれる予定はモチロンない)

東急ハンズを出た後、一番お気に入りのスープカレーを食べに。つい最近、劇団の団長と大喧嘩した話を延々と友人に聞かせながら、やっぱりここのスープカレーが一番スキだとあらためて思いながら味わう。至福v

ところで低反発の素材って、最初はちょっと硬いんだってね。使っているうちに馴染んで柔らかくなるんだって店員さんが言ってた。(そういえばテンピュールって保証書つきだというコトを知ってビックリ!)

さっそく寝てみたけど、高さはやっぱりコレ(XS)で正解だった。でも…やけに硬く感じるなぁ。部屋が冷えてると硬くなるとも言ってたけど、この時季で寒いわけない。むしろ暑いくらいなのに。しばらく使い込んで馴染むまでの間は仕方ないのかな。…快眠アイテムのはずなのに、寝つけない…(゜д゜;)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-16 23:57 | その日あったコト

勝負。

長いようで短かったワールドカップの1ヶ月が過ぎて…イタリアのファンである親友Aは喜び一杯だ。ブラジルファン、そしてスペイン・アルゼンチンを応援していた私としては少し不満。不満というか…なんていえばいいのかよくわからないけど。

前にも書いたけど、私はジダンが嫌いだ。
上手いのは認める。見事だ。
確かにファンタジスタなんだろうが、キライだ。友達によく『なんで?』と聞かれるが、聞かれても困る。自分でも何故なのかはわからないから。
そして今回の決勝での例の退場。
どんな罵声や侮辱的な言葉を浴びようとも、あの行為は確かにジダンが悪い。結局は相手の挑発に乗ってしまっただけだもの。ワールドカップという大舞台の、それも決勝戦という名誉の場においてあんな行動に出てしまったのが残念でならないよ。
それでなくてもジダンは≪よく退場させられる≫というイメージが私の中では強い。フィールドで熱くなってしまうものは仕方ないといえば仕方ないけど、プロの選手としてもっと自覚してほしいよ。そういう点でもイタリアの選手には私のイメージはあまり良くない。今回の一件もそうだけど、トッティも以前ツバ吐きで退場くらってるよね。

長くなっちゃった。
だから今回の決勝、イタリア対フランスというのは私的に面白くないカードではあったけどちゃんと観たよ。この2チームでどちらを応援するかといわれれば、断然イタリア。ピルロは好きだから(笑) ピルロが決定的チャンスのフリーキックを外しちゃった時、あまりにも悲壮なカオをしたものだから、TVに向かって『大丈夫!大丈夫だよピルロ!!まだチャンスはあるから!』と叫んでいた。(大丈夫か?自分) イタリアをっていうかピルロを応援。

それにしても負けたチームを見るとこちらも切なくなってきてしまう。
案の定、あまり好きでないフランスチームであっても試合後の泣き顔なんかを見てると、一緒になってガッカリしてしまう。ましてや今回はPK戦というモヤモヤ感の残る勝敗のつきかただったし、悔しかったろうなーとか想像したりして。
勝負だから仕方ないんだけどね。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-03 20:59 | その他のコト