調子に乗って。

Il Divo のCDラベルをもう一つ作ってみたり。
今度はちゃんと時間をかけた。
だって1枚目のアルバムのジャケット画像が、円形にうまく収まってくれなかったんだもん。2枚目のジャケットはほとんどいじらずに使えたのに。

一番困ったのはSebastienの位置。ちょうどCDの中央の穴のところに顔があるのですもの。Carlosの顔も元の画像からして途切れてるし。仕方ないからSebastien & Carlosの2人を切り抜いて位置調整。でもやっぱり微妙な配置にしか置けない。ちょっと不満が残るけどこれ以上はムリだ。
あとは足りない背景やURSの肩を付け足したり、Sebastien & Carlosの抜けた穴を埋めたり(笑)してイロイロと修正を加え、不自然さが目立たないように画像を加工。
f0024852_17112087.jpg実際に印刷してみると予想以上に仕上がりに違いが出た。せっかく昔の映画ポスターっぽく加工した画像も、フツウの写真のままみたいに見える。色も本当はもっとキレイなセピア調なのに、なぜか緑っぽい色が出てCarlosの肌が微妙に宇宙人みたい。ガッカリだ。高画質対応じゃない安いCD-Rだからか?!庶民をバカにしやがって!(違)

ちなみに最初に作ったモノクロ調バージョンが、印刷してみると非常に怖ろしいホラーな画像に仕上がってしまったコトは内緒。
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-08-12 16:57 | どうでもいいコト

自慢?

少し前に知ったんだけど、最近出た飲料水のCMにイアン・ソープが起用されてるものがあるんだね。なんだか久し振りに見たような気がするよ。一番騒がれていたシドニーオリンピックの頃を過ぎてからは話題をあまり聞かなかったような…。あまりTVを観ない私のことだから世間一般はそうじゃないかもしれないけど。

それにしても懐かしいなぁ。シドニーオリンピック当時、彼はシドニーのスターだったっけ。(水泳人気の高い国なだけに国民的スターでもあった) ミーハーな私は、もちろんファンでございました。オーストラリアにウエストパックという銀行があって、そこが代表的な水泳選手3人のスポンサーをしていた。銀行の外壁にかけられていた3人それぞれの垂れ幕がすごいかっこよくて、よく口を開けて眺めていた。

シドニーに住んでいた時のバイト先の仕事の一つで毎日のように銀行へ釣銭の両替に行っていたんだけど、いつもはコモンウェルスという銀行で両替していたのが、たまたま不足している硬貨があるとかで(なんたってオージーですから)両替できずウエストパックへ行った事があった。
普段個人で利用する銀行も違う所だったので、ウエストパックに入ったのはこの時が初めてだった。中に入ると、窓口に例の垂れ幕と同じ写真のポストカードが飾られているではありませんかっ!窓口のオバチャンが両替金を用意してくれている間、目線はポストカードに釘付け。勇気を出してオバチャンにそのポストカードをもらえないだろうかと訊いてみる。
オバチャン:「彼が好きなの?」
私:「そうなの!」

即答だった。
するとオバチャンはニッコリとして「持っていっていいよ」と言ってくれた。満面の笑みでありがとうと言ってウキウキとバイト先へ戻った。たしか今でも持ってるハズだなー。

でも、もっとスゴイのがあるんだ!
直筆サインと、一緒に写った生写真!!これはスゴイ!(自分で言うな)
オリンピックが終わった後、彼の写真集のような本が出版された記念のサイン会が行われたコトがあった。その会場になった場所の中で働いていた友人から情報を聞いて、のこのこと行ってみた。もちろんその本を買わないと参加できないので買ったわさ。
並んでいる時にスタッフのヒトが一人一人名前を聞いてまわっていた。『?』と思いながら名前を伝えると、付箋紙に名前を書いたものを手渡された。もしかして名前入りでサインを入れてくれるとか?と期待していると、その通り!これはウレシイv
しかも丁寧に記念写真(?)も撮らせてくれた。彼は好青年だったねー。すごく礼儀正しい!関係ないけど肩幅がすごい広かった!背が高いのも知ってたし、手がでかいのも有名だったけど、実際に見ると本当に驚く。でけぇよ!!

ミーハー丸出しの行動ではあったけど、今でもいい記念の一品になっている。
そういえばオリンピック開催中に、オーストラリアの選手がメダルを取る度に郵便局が記念切手を発行するなんていうアツイ事をやっていた。しかも24時間以内に売りに出されるというからすごい。ユルさで有名なオージーなのに。
え?もちろんありますヨ。買いましたよ、水泳チーム(とイアン・ソープ個人)の記念切手。あれってなにかお宝の価値があったりするかなぁ?
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-08-12 14:09 | その他のコト

迷う。

いや~困った。ホント迷う。

今年のトヨタカップのチケット、友人が取ってくれるだろうからと油断してた。つい先日その友人から、一番人気と思われる決勝戦&3位決定戦がセットになってるチケットは高い席しか残ってないとメールがきた。なんと¥22,000!!
札幌から横浜へ行く旅費だって結構かかるというのに、にまんにせんえん?!

でもバルサの試合は観たい。

親友A と話してみる。バルサが観れればいいんだと主張する私のワガママを聞かされながら、ネットで調べてくれた。バルサはシードが決まってるから、バルサが最初に登場する試合だけに狙いを定めて行くという手もある。ちなみにこっちのチケットは、さすがに安い席は売れてしまったようだけどまだ¥14,000などの席もある。

そこでAが一言。
『どっちみちバルサはシードなんだから、負けても3位決定戦には出るってことだよ』と。モチロン決勝進出の可能性だって大いにある。…ということは、1試合で¥14,000払うなら、2試合(それも決勝&3位決定戦)を観られて、なおかつバルサの試合も観られるのならば¥22,000は安いのか?!でも単純に金額を追うなら¥8,000の差はデカイ。1試合につき¥11,000払うってことでしょ?(考え方がケチくさい)

困った。
だってその翌月には Il Divo のコンサートへ行くのだ。行かなければならないのだ。(これにAを巻き込む作戦もそろそろ展開しなければ!)

迷いながらネットを徘徊しつつ、Il Divo のCDを家で聴く用にコピーしていた。何度も繰り返し聴くようなお気に入りのCDは、オリジナルを温存(?)してコピーしたCDで聴くのだ。f0024852_415418.jpg
なんとなく気まぐれでそのCDのラベル画像を作っていたら傑作が出来た。
photoshopでテキトーに(しかも数分で)作った割には良い出来じゃない?淡い色調にしたお陰で、大雑把な処理をした痕跡がわからないところが素晴らしい。(笑)
こんなコトしてる予定じゃなかったんだけど…(==;)

悩んでる間にもチケットの残数は減ってるんだろうな~。
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-08-11 03:38 | その他のコト

愚痴。

ホテルに来る客には本当にいろんなヒトたちがいて…よく言えばネタの宝庫、正直に言えば胃痛の原因。毎日必ず憤る出来事がある。(そもそも私の性格自体がホテルマンに向いてないと思われる)

まず第一に、何故チェックイン時間を確認して来ないのか?!
とりあえず着いてから確認しようというヒトの場合は大抵、『先に荷物を預けたい』とか『じゃあ待ちます』とかすんなり済む。…が、何も聞かずにホテルへ現れ、『午後3時からでございます』と言うと『ええ?!』とイヤなカオをする客もよくいる。別にイジワルをしてチェックインを受けないわけじゃないんだ。部屋の掃除中なんだから仕方ない。

近頃はインターネット予約が大半を占めるようになってきたけど、予約をインターネットでしておいて自分で予約照会が出来なかったり、キャンセルの仕方がわからないだのと電話をしてくる。なんらかの事情があってインターネットで手続きできないので…とかいうならわかるけど、だったらインターネットで予約すんな!と言ってやりたくなる時もある。特に満室が続くシーズンになると、自分で予約ミスしたのに『なんとかならないの?』とキレる客も増える。

自分がインターネットでホテルを予約する時は施設情報などをよく読んで選ぶけど、そこをろくに読まないヒトの多さには呆れる。その情報こそがホテルを選ぶ基準なんじゃないの?!

特にウチのホテルはエコチャレンジという運動に参加していて、客室に歯ブラシとカミソリを置いていない。これは最近エク○ルホテル東急なんかでもやっていることだ。
この事もネット、パンフ、口頭、客室表示でしつこく案内しているにも関わらず、驚かれたり『そんなの聞いてない!』と怒り出したりする客もいる。
もちろん、急な宿泊で持っていなかったり、忘れてきたヒト等にあげられるようにフロントに用意がある。そのことも洗面台の所にデカデカと表示しているのに気づかないヒトが本当に多い。不思議で仕方ない。わからなければ聞けばいいのに、アンケートなんかにイヤミな言い回しで『歯も磨けず不快な気持ちのまま寝ました。せめてフロントに置いておくとかしたらいいと思います』なんて書き残していく客もいたりする。

それから、なんでもホテルに聞けばいいと思っているヒトにも困る。ホテル周辺の飲食店情報とかを聞きたがるのはわかるよ。でも『なんかご飯食べれる所ない?』と聞かれましてもね。この質問は本当に多い。『○○のおいしい店』とか、『一人でも入れそうな居酒屋』とか、そういう質問ならいくらでも答えてあげられるように調べてあるけど、『なんかご飯食べれる所』にどう答えろと?!そういうヒトに限って『それはチョットな…』とかウルサイんだ。うぜぇ!!

この間、夜中の23時頃に『おたくのホテルの近くにあるホテル、なんて名前だったかしら?』という電話がきた。非常識にもほどがある。しかも周囲にはたくさんホテルがあるから、具体的な場所を言ってくださいと言って返ってきたのは『おたくよりもっと行くのよ』という言葉。どこからどこへ行くのよ?!そんな電話に10分近く付き合わされた。
深夜の3時や4時に平気で予約や問い合わせの電話をしてくるのも理解し難い。

ああだいぶ長くなった。こんなの序の口なんだけどな。
ホテルマンだって人間なんだから、あまりにも非常識な言動や理不尽な要求にはイラッとくるわけです。もちろんカオは笑顔のままでね。
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-08-10 23:26 | お仕事の話

刺激。

引き続き今日も暑い…
暑いっつーのにカレー作っちゃったりなんかして、家の中がヒドイことになっている。オカンが姉経由でくれた枝豆を食べてる時に、ふと枝豆入りカレーを作ろうなんて思ってしまったのがいけなかった。皮膚科の病院へ行った帰りにスーパーで材料を仕入れ、帰宅。(思いがけず砂糖が安かったのでつい買ってしまい重いったらなかった)
ただでさえ暑い家の中で、キッチンはもうサウナのようだった。暑い。とにかく暑い。すぐ近くで扇風機をまわしてるのに汗が出てくる。せっく塗った日光湿疹用の薬も効果なくなってるんじゃないだろうか。でも好きなものに対する行動力は凄まじいので、暑さに耐えながら作ったカレーが出来上がる。スパイスの匂いを嗅ぐと元気出てくるよね。

その間も(毎日だけど)TVでは Il Divo のDVDかけっぱなし。近頃の元気の素ですから。つい最近までは Bon Jovi のDVDが入りっぱなしだったんだけどね。
元気の素っつーか、妄想の素?

何回聴いてもURSの声にやられっぱなし。もちろん他の3人の声もすごくイイんだけど、URSの声ほど私の脳を刺激するものはないんだこれが。
DVDの中でCarlosが『URSの声は美しいモーツァルト的テノール』と言ってたけど、思わず納得してしまう喩えだと思った。すごく繊細な声というか…。高音域の声の甘さならダントツでDavidだと思うし、低音域ならやっぱりCarlosの独壇場なんだけど、同じようにクラッシックの世界で活躍してきたこの2人の声とはなにか違う印象を持ってる。

特に私がウットリするのは2枚目のアルバム【ANCORA】の2曲目、“ISABEL”という曲。これのソロ部分がまたキレイなんだ。URSの声はこういう切ない曲によく合う。あの声で『僕のところへ戻っておいで 僕が幸せにしてあげるから』 とか 『君がいないと僕の心の火は消える』なんて歌われたら昇天しそうになるよ。(だいぶ妄想が入ってきてる) その後の『 Isabel 』と突然低く囁くように歌うところが犯罪的で、毎回ここで殺される。(CDで聴くとCarlosの声に聴こえるんだけどな…) DVDのライブ映像の中で、当然のようにここはURSのアップなんだけど、『 Isabel 』の“L”を発音する舌の動きがイヤラシイv ←嬉しそう (“L”を発音する時は皆そうだっつーの)
歌詞といえば“HASTA MI FINAL”もヤバイね。もうプロポーズですものアレは。もしも最初から最後までURSの独唱…それも生歌だったりなんかしたら、全部を聴かないうちに死んじゃうかもしれない。(どんなシチュエーションを妄想してるのやら)
そういえば“HEROE”にはどうしてURSのソロがないんだ?!(`д´)=з 暴れるぞ!
秋には3枚目のアルバム(楽しみ♪)が出るみたいだから、来年の来日コンサートの時にはその中の曲が中心になるのかな?“ISABEL”歌って欲しいんだけどなー。

ところで彼らは何ヶ国語を自由に話せるんだろう?
Davidはアメリカ出身だから英語でしょ。オペラの修士号を取ってるってことはイタリア・ドイツ語も出来そう。来日プロモーションのために日本語も少し勉強したらしいね。
Carlosはもちろんスペイン語だよね。でも生まれはドイツらしいから、ドイツ語も?David同様オペラを歌うためにイタリア語が出来るかも?英語はコミュニケーションに不自由してはいないだろうけど、聴き取りにくい訛りがある。歌ってる時の英語はキレイなのにな。
Sebastienはどうなんだろな。英語はかなり堪能っぽい。本人も言ってたけど、フランス人は他国の言語を嫌うっていうイメージがあるからな~。
一番わからないのはURS。
スイスは(スイス)ドイツ語とフランス語が多いよね。出身地からいくと多分ドイツ語圏。でも多少なりともフランス語やイタリア語に馴染みがあるだろうし、フランス人歌手に個人レッスンを受けた経歴もあるくらいだから日常会話くらいこなせちゃいそう。そして、大人になってからオランダへ移ってるから、きっとオランダ語も話せそうだな。独特の訛りで流暢な英語を話すけど、聴きづらくはない感じ。話す声も良いから、訛っててもいいんだv (重症) ちなみにスペイン語の発音は贔屓目ナシでURSが一番うまい気がする。(ラテンアメリカ系の発音しか知らない私に言われたくはないだろうけど)

いやほんとに、ヤツらは何ヶ国語を…(ーー;) 欧米の環境ってウラヤマシイ…
語学留学したーい!っていう気になってくる。自分の理想としては、英語・スペイン語・イタリア語・中国語・ドイツ語を話せるようになりたい!欲張りだけど。
フランス語は…話せたらいいだろうけど、あの発音をマスターできる気はしないので最初から白旗。あれは宇宙語ですよ!カナダ人の友人に『カマンベール』の正しい発音を教わったことがあったけど(なんでカマンベールだったのかは憶えてないけど)まったくダメだったね。そんな音出せるか!と怒りたくなってくる。スペルと発音の関係性も不思議だし。

せめて英語だけでも、今の中途半端さからレベルアップしたいな。(じゃあ勉強しろ!)
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-08-09 18:57 | 趣味のコト

サーカス。

姉が子供達を連れてキグレサーカスを観に行くのに付き合わされた。これのチケットの買い方がまた不思議で、前売り券が日時別ではなく期間中の公演すべて共通(観られるのはモチロン1回だけ)のものしかないらしい。指定席と自由席があるけど、自由席はステージの真横。これは指定席を買いなさいと言わんばかりなのに、その指定席券は当日の会場でしか販売しないとのこと。面倒くせぇ…。

今日の第一回目の公演が11時~で、10時から指定席券の販売が始まるというのでそれに合わせて会場へ行った。着いたのが15分くらい前で、早かったかなと思ったのにすでに20人以上はチケット売り場に並んでてビックリ!炎天下の中、テンションの高いお子様2人の相手をしながら並んだよ。今日もほんっと暑かった…(+_+;)

このトシでサーカスか…と思ったけど予想してたよりは面白かった。たしか小学生の時にもキグレサーカスを観た記憶があるけど、今までではあれが最初で最後。(温泉ホテルでのボリショイサーカスはあえて除外してみた)
それにしてもアノ衣装の古臭さはなんだろう…垢抜けてないとでも言えばいいのかな?動物ショーも、てっきり猛獣とか出てくるのかと妙に期待してたけど、ワンコ(トイプードルとダルメシアン)とサルとポニー(ロバ?!)だけだった。ワンコは可愛かったケド…。
姪がポツリ… 『ライオンは~?』
そう思いますわな。火の輪くぐりとか期待しちゃいますわな。


この間の海で、自分で思ってた以上に日焼けがすごかった。背中が特に!ずっとTシャツを着てたのに、なぜか下着の跡がクッキリとついている。まるでビキニの日焼け跡みたいに。白いTシャツで薄手ではあったけど、1度も脱いでないのに何故だ…おそろしい。

そして日光湿疹が大量発生中!
日光湿疹が出るのはわかってるから、気をつけて日焼け止めを塗ってたし、一番弱い首元はタオルでガードしてたつもりなのにヒドイ。これは病院に行かなきゃならないだろうな… イヤだな。病院にかかってばっかり。
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-08-08 22:04 | その日あったコト

猛暑。

昨夜の夜勤では一睡もできず(仮眠のために横になることもかなわず)朝を迎え、仕事終わりでそのまま会社の同僚と、その彼氏・友人たちに誘われ海へ!
今日は暑かったね。本当に暑かった。よく晴れて嬉しかったけど、今年一番の暑さになったんじゃない?今朝の天気予報の段階で予想最高気温32℃って言ってたしね。ようやく北海道も夏らしく…って極端だ~(´д`;)

f0024852_20443721.jpgいつもは混んでいないという穴場的ビーチへ行ったけど、今日はメチャ混み。ビーチサンダルを履いていてもヤケドしそうなくらい砂が熱いのを堪えて歩き回り、場所を確保。さっそく焼肉準備を開始!
激しく汗をかきながら火をおこしつつ、缶ビールで乾杯♪普段あまり飲まないビールが今日はすごく美味しかったな~v

買い出しに行った時、コレ多すぎたんじゃないの?と誰もが思った量のお酒も予想外のペースで減り、お酒の補充をしにコンビニへ行ったほどだった。
カルビやら海鮮の串(イイダコとかイカが美味しかったなー)をさんざん食べたところで野菜が登場。しかも1種類、ナスのみ。本当はナスが好きじゃないけど、周りの皆が好物みたいだったので黙っていた。f0024852_2154716.jpgこのナスが長ナスだったんだけど、皆なぜか普通に網にそのままのせて丸焼きにしだした。このまま焼くのがいいんだと言って、そのナスを見つめている。焼きあがったら真ん中からさいて醤油をかけて食べるんだそうだ。私がナスはキライなんだと言わなかったから、やっぱり食わされた(T△T) でもコレは食べれなくもない!新発見。

満腹になり、ホロ酔いになってきたせいもあって昼過ぎに眠気がピークに達する。抗えずパラソルの下でちょっぴり仮眠。日陰でも本当に暑くて、たくさん汗かいたけどスゴク気持ちよく眠れた!なんで海で昼寝するのって気持ちいいんだろうな~。

でもウッカリと変な日焼けを作ってしまった。ジーンズをふくらはぎの途中までまくってたんだけど、ちょうどそこから下の肌の色がくっきりと…!(>_<;) 気をつけていたのに…。
この足で制服のスカートをはかなくてはならないなんて…ああ恥ずかしい…
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-08-06 21:14 | その日あったコト

セレブ気取り?

以前から北欧の住宅や雑貨などがすごく好きでたまに集めていたんだけど、前々からフィンランドの iittala(イーッタラ)というメーカーの食器が欲しいと思ってて。愛用していたiittala製のガラスのボウルが1個割れちゃったし。でもなかなか自分の手にとって商品を見る機会に恵まれなかったんだ。
ネット販売でたくさん種類を扱っているサイトは知ってるけど、やっぱりどうしても自分の目で見ないと気が済まない!だって決して安いものじゃないし。今回に限らず、ネット販売を利用する時は自分が見たことないものは絶対に買わない。見なくても、どういうものかがわかるもの(CDやDVD、本とか、一度見たことあるものとか)は別として。

一部の商品は時々デパートや雑貨のショップで見かけたことはあるけど、本当に一部だけ。それで、直接 iittala 本社のホームページで、札幌でたくさん種類を扱っているショップ(店頭で商品を見れる店)はないかという問い合わせをしてみた。
この対応がまた迅速で驚いた!!
メールを送った翌日、iittala の日本総代理店だというスキャンデックスという会社からメールが届いていて、札幌市内にあるショップをHPのURLつきで2店紹介してくれた!メールを送ったのが前日の夜だったから、1日も経ってない!!感動!

今朝、夜勤明けでそのまま後輩を巻き添えにして一緒に行ってみた。
ショップは2軒とも札幌市内の円山という地区にある。円山といえば、ちょっぴりセレブな気分を味わえるところですよ!
最初に行った店は欲しい種類のものがなくて、次の店へ。
2軒目の店は、なんだか高級な雰囲気漂う雑貨店。置いてる物の値段がスゴイ。そこで欲しかったマグカップを発見。でも一番欲しかった色は廃盤になり、手に入らないとのこと。
f0024852_0261321.jpgさんざん悩んだ挙句、そのマグカップのシンプルさに惹かれて2つ購入。
わかりづらいけど、マグカップの色は濃いブラウン。狙っていたのはダークイエローだったんだけど。その色のお皿を在庫処分価格で入手できたから満足としよう。自分史上一番高価なマグカップでございます。でも長く使えるものだからいいよネ。

その後、ちょうどお昼だったので円山でランチを取ろうということになった。平日の昼間に円山でランチ!気分(だけ)はセレブマダム。
裏参道と呼ばれるショップが集まる通りに、友人の知り合いがイタリア料理の店をオープンさせると話してた記憶が蘇り、その友人に電話をしてみた。…が、夜しか営業してないとのこと。残念。ついでだからその店を見に行ってみようと、場所を聞いて向かう途中でスペイン料理の店の前を通った。
路上に出されていた≪本日のランチ≫の看板がやけに目を引いた。後輩もその看板に釘付けだったので、そこでランチを取ることに。

すごいおいしかったー。私が選んだのはタパス(小皿料理)セット。1300円也。3種類のタパスとパン(or ライス)とサラダ、飲み物、デザートがついてこの値段はかなりお得。飲み物はコーヒーか紅茶かサングリアを選べるというので、迷わずサングリアを注文。後輩が『サングリアってなんですか?』というので、赤ワインにオレンジとかのフルーツを入れて…と説明してあげると、即答で『じゃあサングリアで!』と頼んでいた。さすが飲兵衛…。
昼間に食前酒としてワイン(サングリア)を飲みつつ円山でランチ…なんてセレブな気分なんだろうと話す、アホ2人。天気の良い暑い日だったので実際気分よかったなー。料理も美味しかったし、デザートに出たロゼワインのゼリーとアイス入りシュークリームも美味しかった♪

ハッ!またスペイン?!Σ(゜д゜) これはもう、スペイン語を学べという啓示か?!(また妄想を暴走させた末に行き着いた考え)
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-07-31 16:08 | その日あったコト

朗報。

Il Divo の公式サイトを覗いていたら≪来日コンサート決定≫という嬉しすぎるニュースがアップされていた!これはもう行くしかないでしょ。行かずしてどうする?!待望の生の歌声を聴けるチャンスだというのに!!詳細は未定とのことだったけど、たぶん東京とかでしかやらないよね?時期は来年の1月らしい。

…1月?

12月にも横浜行きを予定しているというのに大丈夫か自分?
もちろん、問題は金銭面だけど。
12月にはトヨタカップを観に行くのだ。今まではTV観戦だったけど、今年はバルサ(FCバルセロナ)が来るから行きたいな~と思ってたんだ。そしたら、サッカー好きの友人(彼はほぼ毎年のように行っているらしい)が私がバルサファンであるコトを知って誘ってくれたんだ。即答で『行く!!』と約束したし、その気持ちは今も変わってないんだけど…。
たぶん大会開催は12月の中旬頃。1ヵ月後くらいにまた上京?!ハードだ…。

いや、行きますよ。絶対に行きますよ!!
副業バイトでもしようかな…
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-07-26 23:48 | 趣味のコト

花火。

友人と花火大会を見に行ってきた。
混雑必至の会場までは行かずにビルの屋上にあるビアガーデンから見てやろうと企んだんだけど、なんでそういう日に限って寒いんだ?!屋上なものだから風も強い。哀しいぞ北海道!プルプル震えながら薄暗い照明の中でジンギスカンをつつく私達はなんだかチョッピリみじめな気持ちを味わった。
そして肝心の花火は半分も見ていなかった気が…。意味ねぇじゃん!

最近ずっと食欲がなくて、最初に誘われた時は『ジンギスカンか…』とあまり乗り気じゃなかったけど、やっぱり友人と集まって食べると気分で食べれるものだね。
特においしいジンギスカンではなかったけど、楽しかったからいいや。
それにしても寒かったな(==;)
[PR]
# by musta-kahvi | 2006-07-22 01:35 | その日あったコト