タグ:レシピ ( 5 ) タグの人気記事

レシピ?

またかよ?!と自分でも突っ込みたくなるけど、近頃はイタリア料理を作った話題ばかり。最近ずっとイタリア語ばかり頭に詰め込んでいる影響なんだろうか?以前からイタリア料理は好きだけど、こんなに続けて作る(食べる)なんてことあったかなぁ?
もういっそ、イタリア料理のブログです!…とでも宣言しておくか?!
でもそうはなれないな。レシピを紹介してるブログって、分量も公開するわけでしょ?私にはムリだ。分量なんて計ったことない。だから今日もただダラダラと語るだけ。

相変わらずテーマは≪ジャガイモを消費する≫なわけだけど…そろそろネタが尽きてくる。で、再びニョッキ。今回はカボチャを少し混ぜてみた。
レシピっぽくしてみようか。
まずはカボチャとジャガイモ(割合は好みで)をそれぞれラップで包み電子レンジでチン♪量は…まぁ適当に。2人分で小~中くらいのジャガイモ2・3個?(オマエが聞くな) 裏ごししやすい柔らかさになるまで加熱。熱いうちに皮を除いて裏ごしして、卵黄1個分と小麦粉、塩、ナツメグを加えて混ぜる。
f0024852_1363329.jpg握りつぶすようにしてよく混ぜる。憂さ晴らしするみたいに。快調に生地が爪に詰まっております。このまま手を油で揚げたら美味しそう。
小麦粉は少なめの方がふわふわになってオイシイ。量?量ねぇ…ジャガイモの感触が残るくらいとでも言えばいいのか?様子みながら少しずつ加えれば間違いないと思うよ、多分
f0024852_1514361.jpg生地がまとまったら一口大くらいの大きさに丸める。べつに一口大である必要はまったくないけど、レシピっぽい言葉だから使ってみた。フォークの背で溝をつけて準備OK。こんな不細工なニョッキを公開して恥を晒してもいいのか?性格が出ちゃってますヨ…;
多目の塩(海水程度のっていうの?)を加えた熱湯で数回に分けて茹でる。(短時間で茹で上がる)
その間にソースを作る。パンに生クリームを入れ、よく混ぜながら弱火で加熱。余ってもムダなので1パック使ってしまう。少し白ワインを加えて、小さめに切ったゴルゴンゾーラを味見しながら適当な量を投入。適当って便利な言葉だな。味が物足りなければパルメザンを加えてもよし。ただしゴルゴンゾーラの種類によっては少量でもしょっぱかったりするので注意。あとは塩で調味。ニョッキが浮き上がってきたら、気持ち程度じらしてから取り出す。(1分くらい) そのままソースの中へ。
f0024852_24218.jpgハイもう完成。
Gnocchi di zucca con gorgonzola
ちっとも役立たないレシピも完成。
やっぱムリだよ。なんで皆ちゃんと分量とか把握してるんだろ?料理研究家とかスゴイね。(こんな料理の仕方をするからカレーが二度と同じ味にならないというのに学習能力がない)

でも元・品川プリンスホテルのフレンチシェフだった知人が料理をしてる時も、ちっとも計ったりしてなかったよ。(プロの料理人と一緒にするな) 紅生姜が好物で変態でクセ者だったけど、あのヒトが作ってくれた料理は生涯忘れられない味だな。元気かなぁ。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-17 22:22 | 美味しいもの

ベジタリアン。

またしてもオカンから大量のジャガイモ(北あかり)が届いた。確かに『欲しい』とは言ったけれど…多すぎますから。そして送られてきた箱の中に小さな袋が一つ。そこにはブドウ糖(固形)が入っておりました。ああ…ご心配をおかけしております。

いろんなヒトに心配をかけまくっているので、反省をして久し振りにちゃんと料理をして食事をとった。まだ量は少しだけど、ダイエットだと思えばいい。

この間、本屋で野菜ソムリエ監修の本を立ち読みしてたら無性に野菜が食べたくなり(といっても最近はほとんど穀物か野菜しか口にしてないけど)、その横にあった≪野菜がおいしいイタリアン≫という本がスゴク良かったので衝動買い。
近頃の無気力さのせいで冷蔵庫に放置されてたカラーピーマンが傷んでしまう前に食べようと、ピーマンのレシピページを読む。
ピーマンって、調理する前に焼き網で真っ黒になるまで表面を焼いて皮をむくと、甘みが増すんだって。もしかしたら世間では常識的な知恵なのかもしれないけど、少し前まではピーマンを自らすすんで食べるなんて考えられなかった自分にとっては目からウロコ状態(?)。

f0024852_1955032.jpg本ではニンニクや赤ワインビネガーを使ってソテーにしたものを紹介してたけど、白ワインビネガーしか家になかったので、焼いて皮をむく知恵だけ拝借。オリーブオイルで焼き目がつくまで炒めて、醤油とバルサミコ酢(1:1)を合わせただけの簡単ソースをかける。このソースは以前、平野レミが玉ネギのソテーのレシピで紹介してたもの。
f0024852_19122710.jpgもう一つ作ったのが、焼きミニトマト。これも簡単。耐熱皿に少量のオリーブオイルをひいて、ニンニク(おろし)を混ぜ合わせておく。そこへ皮をむいたミニトマトをゴロゴロ並べ、少しだけ塩をふって混ぜてから、適当にちぎったバジルの葉をのせ、チーズをおろしてふりかけ(粉のパルメザンでもきっとおいしい)、あとはオーブンで焼くだけ。
f0024852_19155471.jpg今日は簡単なのばっかり。でも一応ちゃんと料理して食事をしたってことで満足。ピーマン甘かったな~。野菜はいいよね。そしてオリーブオイル最高。イタリア料理万歳。

あ、ジャガイモの事を忘れてた…( ̄△ ̄;)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-06 19:26 | 美味しいもの

穀物。

黒豆が好きだ。すご~く黒豆が好きだ。
特に、お正月に食べるアノ黒豆がダイスキだ。お正月じゃなくたって買う。季節を問わず食べる。たまにはお弁当のスキマにまで入れる。今日もスーパーで買ってきた真空パックの黒豆(煮)を食べた。1袋を一気食い。さすがにチョットやりすぎた感はなくもないけど。

近頃、穀物類しか口にしてない気がしてきた。
何日か前までは枝豆ばかり食べ続けてた。例によってオカンが大量によこしたから。友人に『豆好きだよねぇ~』と言われて気づいたけど、その通りだ。黒豆以外の豆も大好きだ。
豆といえば、イギリス文化圏(たぶん)ではキドニービーンズを甘く煮たものをトーストにのせて食べるんだ。最初は『え~?!』と思ったけど、食べてみるとオイシイ。豆ならなんでもいいのか?!と自分の味覚を疑ってみたり。
その後やってきたのはジャガイモづくしの日々。“インカのめざめ”と“北あかり”をまた大量にもらったので。ジャガイモは好きだけどカレーやスープ類に入っているのはキライなので、どうしてもジャガイモをメインに据えた料理になってしまう。かといって肉じゃがとか時間のかかるものは作りたくない。台所がサウナ状態になるから。普段から揚げ物もしないし。

じゃあどうやって食べる?

簡単なのはレンチン♪
ラップで包んで電子レンジにおまかせ。バターをつけてもいいし、マヨネーズ&バジルペーストの組み合わせもいいし、ラクレットもいい。
あとはレシュティ(ロースティとも言うかも?)。正しい発音はわからないけど、ドイツかスイスの家庭料理だったハズ。ジャガイモで作ったお好み焼きみたいな感じ? 茹でたジャガイモを細切りにして、バターを塗った耐熱皿に軽くつぶしながら詰めてオーブンで焼いたもの。
でも私はそんな面倒な手順(これだけなのに?)は踏まない。フライパンにバターをひいて、細切りにしたジャガイモをぎゅうぎゅう潰しながら中~弱火で焼く。これがまたオイシイんだ♪
塩・コショウだけで味付けて、刻んだパセリをのせて食べるのが私の定番。ベーコンや野菜を加えてもいいし目玉焼きをのせてもいける。もちろんチーズも相性良しv

話がそれたけど、そんなわけで穀物ばかり食べてる。久し振りに炊いたご飯も雑穀入りだし。どうも買い物に行っても目線は穀物類に…。
健康にはいいかもしれないけど、それ以外を食べてないからダメじゃん。
暑くて料理する気も沸いてこないよー。早く涼しくなればいいのに。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-17 22:43 | 好物のコト

やばうま。

オカン(母)が趣味でやっている野菜づくりが、去年オカンの妹が近所に引っ越してきたことでパワーアップしているらしい。電話などでアレが甘かっただの、美味しかっただのという話をするばかりで、ちっとも私には分け与えてくれないので『じゃあ送ってくれよ!』と半ギレ気味で訴えてみた。

この前、おとう(父)が札幌ドームでの巨人戦のチケットを買ったから一緒に行くんだといってオカンが札幌へ来た。その時に野菜を持ってきてくれたのはいいんだが、その選択はどこかオカシイ。
まず大量のミニトマト。私、一人暮らしなんですが?と実際に言ったほどの量のミニトマト。と、普通のトマト6個。何回も書くが、大量のミニトマトと、普通のトマト6個。トマトだらけ。
そしてキュウリが4本、まあこれはいいとする。束のようなパセリも、刻んで冷凍できるからいいとしよう。欲しいと一番訴えたスナックエンドウはちょびっと。あまり採れなかったらしいから、まあこれもいいとしよう。
それから大葉(しそ)が30枚。
大葉30枚。
だから、私は一人暮らしですよ?!ミニトマトとかなら友人や同僚に分けたり出来るけど、大葉はそうもいかないでしょ?!大葉を配るヒトなんて聞いたことも見たこともないよ!しかもメインで食べれるものじゃないし!!
オカン曰く、『大丈夫、市販のものと違って長持ちするから。冷蔵庫で一週間から10日は平気だよ』  …その一週間から10日(しかも一人)で30枚の大葉を食べ尽くせと?!

腐らせるのは忍びないから頑張って食べたよ。
そうめんや冷奴の薬味にしたりして。(ちなみにそうめんは好物ではない)

残り10枚になったところで、なんとか一気に消費できないかを考えてみた。そこで作ったのが、中身が鶏肉とチーズと大葉の春巻き

まずは大葉を洗って、よく水気をきっておく。
鶏肉(ササミ)は塩・胡椒をふって下味をつけてから少量の白ワインを加えて焼き、冷ましてから適当にさいておく。
その間にチーズを小さめに刻む。今回使ったのは冷蔵庫にあったカチョカバロというチーズ。加熱に向いてるチーズならなんでもいけそう。スライスチーズとかがあると巻く時に楽かも。
あとは春巻きの皮(ミニサイズを使用)に大葉を1枚まるごとのせ、さらにそこへササミとチーズをのせて巻く。ウチにはフライ用の鍋がないので、フライパンに多めの油をひいて焼いたけど、春巻き自体は小さいのでそれで充分。

f0024852_23581391.jpgこれが自分で作っておいてなんだけど、ヤバウマだった。マジうまい。そのうちまた作ろう。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-18 19:34 | 美味しいもの

ジャスミンライス。

この間、輸入食品のお店をうろついてきた。
かれこれ20年来のつきあいになる幼馴染でもある親友と私はアジア料理&カレー全般が大好き。もちろん各種(各国)のカレーのコーナーで目を輝かせていた。
そこでオーストラリアにいた頃にハマってたものを発見。それはインスタントのミゴレン(インドネシアの炒め麺)。日本でもラーメンやヤキソバでよく見る袋麺のタイプで、中には乾麺と多数の謎のスパイス(笑)が入っている。これがすごく辛いんだけど、半熟の目玉焼きをのせて黄身を崩しながら辛さを調節して食べると美味しい。もうバカの一つ覚えのようにしょっちゅう食べてた。チャイナタウンにあるタイ系のスーパーマーケットなんかに行くと安く手に入るので買い溜めしたりもして。
でも残念ながら本当に欲しい“プレーン”の味のものはなかったんだよねー。今までも他のお店で見かけてはいたんだけど、いつもプレーンは無くて、“○○風味”とかばかり。残念で仕方ない。

で、そのコーナーでふと目に入ったのがジャスミンライス(タイの香り米)!高級品なものだから高い!!450㌘入りで420円!でもどうしても気になって買っちゃった。

買った時は、カレーを作った時かナシゴレン(インドネシア炒飯)の素がある時にでも使おうと考えてたんだけど、なにかの本で≪簡単に作れるアジアごはん≫とかなんとかいうタイトル(うろ覚え)がつけられ紹介していたレシピがすごく美味しそうだったのを思い出した。チキンとナンプラーを使ったガーリックライスみたいなものだったはず。あれこそタイ米で作れば美味しいんじゃないの?
でも手元にそのレシピはなく、本当にボヤ~っとしか覚えてない。
インターネットでそれっぽいレシピを検索してみたけど気に入るものがなくて(材料がたくさん必要だったりとか)結局、勘にまかせて作ってみることに。

使った材料
■ジャスミンライス(2カップ)
■水(2カップ)
■コンソメ(顆粒・適量)
■醤油
■ナンプラー
■にんにく(面倒なのでチューブタイプを使用)
■鶏ムネ肉(ブロック)
■塩(微量)
■サラダ油
■料理酒

これだけ。お米のパッケージに書かれていた炊き方によると、お米と水は同量らしい。研ぐ必要はないので、さっとすすいでザルにあげておく。(水に浸す必要もなし)うちは炊飯器がないので、いつもごはんを炊く時に愛用しているテフロンの鍋に水を入れ、弱めの火にかけてコンソメ投入。少し味がつく程度の量。そこへ大さじ1弱くらいの醤油と、それより少し多めのナンプラー、小さじ2くらいのガーリック、ほんのチョットの塩も入れて混ぜる。コンソメが溶けたら火を止めて冷ましておく。
その間にフライパンに少なめの油をひいて熱し、鶏肉をかたまりのまま焼く。(少しお酒をふりいれて焼くと臭みがとれる)表面に焦げ目をつけて、3分の一程度火が通ったところで取り出して厚めにスライスしておく。フライパンに残っている肉汁は鍋へ。もったいないからね。
いよいよ炊飯♪
ザルにとってあったお米をスープの入っている鍋に入れ、その上にスライスした鶏肉をのせて蓋をする。あとは吹きこぼれないように強火→中火→弱火と調節しながら炊く。炊飯器があるヒトは炊飯器で普通に炊けばいいんじゃないかしらね。

だんだんと家の中にジャスミンライスのいい匂いが漂ってくる。なんだか懐かしい匂い。オーストラリアでの生活を思い出させる匂いだ。1ヶ月だけしたホームステイ先のフィリピン人の家族を思い出す。いい家族だったなー。なんかテンションが上がってくる。そして絶対おいしいハズだという根拠のない自信がわいてくる。

そして出来上がり。火を止めて10分くらい蒸らす。あーいい匂い。
お皿に盛り付ける。ここでパクチー(香草)でも添えれば、より本格的っぽいものが出来たかもしれないけど、ないものはないので乾燥パセリをふりかけてみる。うん、いい感じ。
いつも冷蔵庫にあるものベスト5(??)のうちの一つ、レモン果汁を横に待機して試食。(レモンとタイ米は相性がいい)

…うまい。これマジでヤバイ。うますぎる。
自分で作っておいて、それも勘で作った謎の料理のくせに本当にうまい。
ワタクシって…天才?
f0024852_22313352.jpgf0024852_22314769.jpg


[PR]
by musta-kahvi | 2006-05-06 22:31 | 美味しいもの