タグ:自炊 ( 12 ) タグの人気記事

レシピ?

またかよ?!と自分でも突っ込みたくなるけど、近頃はイタリア料理を作った話題ばかり。最近ずっとイタリア語ばかり頭に詰め込んでいる影響なんだろうか?以前からイタリア料理は好きだけど、こんなに続けて作る(食べる)なんてことあったかなぁ?
もういっそ、イタリア料理のブログです!…とでも宣言しておくか?!
でもそうはなれないな。レシピを紹介してるブログって、分量も公開するわけでしょ?私にはムリだ。分量なんて計ったことない。だから今日もただダラダラと語るだけ。

相変わらずテーマは≪ジャガイモを消費する≫なわけだけど…そろそろネタが尽きてくる。で、再びニョッキ。今回はカボチャを少し混ぜてみた。
レシピっぽくしてみようか。
まずはカボチャとジャガイモ(割合は好みで)をそれぞれラップで包み電子レンジでチン♪量は…まぁ適当に。2人分で小~中くらいのジャガイモ2・3個?(オマエが聞くな) 裏ごししやすい柔らかさになるまで加熱。熱いうちに皮を除いて裏ごしして、卵黄1個分と小麦粉、塩、ナツメグを加えて混ぜる。
f0024852_1363329.jpg握りつぶすようにしてよく混ぜる。憂さ晴らしするみたいに。快調に生地が爪に詰まっております。このまま手を油で揚げたら美味しそう。
小麦粉は少なめの方がふわふわになってオイシイ。量?量ねぇ…ジャガイモの感触が残るくらいとでも言えばいいのか?様子みながら少しずつ加えれば間違いないと思うよ、多分
f0024852_1514361.jpg生地がまとまったら一口大くらいの大きさに丸める。べつに一口大である必要はまったくないけど、レシピっぽい言葉だから使ってみた。フォークの背で溝をつけて準備OK。こんな不細工なニョッキを公開して恥を晒してもいいのか?性格が出ちゃってますヨ…;
多目の塩(海水程度のっていうの?)を加えた熱湯で数回に分けて茹でる。(短時間で茹で上がる)
その間にソースを作る。パンに生クリームを入れ、よく混ぜながら弱火で加熱。余ってもムダなので1パック使ってしまう。少し白ワインを加えて、小さめに切ったゴルゴンゾーラを味見しながら適当な量を投入。適当って便利な言葉だな。味が物足りなければパルメザンを加えてもよし。ただしゴルゴンゾーラの種類によっては少量でもしょっぱかったりするので注意。あとは塩で調味。ニョッキが浮き上がってきたら、気持ち程度じらしてから取り出す。(1分くらい) そのままソースの中へ。
f0024852_24218.jpgハイもう完成。
Gnocchi di zucca con gorgonzola
ちっとも役立たないレシピも完成。
やっぱムリだよ。なんで皆ちゃんと分量とか把握してるんだろ?料理研究家とかスゴイね。(こんな料理の仕方をするからカレーが二度と同じ味にならないというのに学習能力がない)

でも元・品川プリンスホテルのフレンチシェフだった知人が料理をしてる時も、ちっとも計ったりしてなかったよ。(プロの料理人と一緒にするな) 紅生姜が好物で変態でクセ者だったけど、あのヒトが作ってくれた料理は生涯忘れられない味だな。元気かなぁ。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-17 22:22 | 美味しいもの

なんでもアリ。

ジャガイモ増殖中。
この前オカンから大量にジャガイモが送られてきたばかりだというのに、今度は会社の後輩から“おすそわけ”をもらった。彼女も実家から大量に届いたらしい。
注)北海道はアイダホではありません。
その中に知らない品種があった。サツマイモみたいな赤い皮で、中もほんのり黄色い。レッドムーンというらしい。ジャガイモの新品種は結構知ってるつもりだったんだけどな。
再注)北海道はアイダホではありません。

興味津々に見つめている場合じゃないよ。また増えちゃった。
なんで私は毎日『ジャガイモどうやって食べよう?』とアタマを悩ませているんだろう。

大量に消費するにはやっぱりニョッキか。
ってことでまた爪にジャガイモ(今日は男爵)と小麦粉を詰まらせながらニョッキ作り。

f0024852_22213228.jpg今回は余ってたカレールゥを使ってカレーソースにしてみた。私にかかるとホントになんでもアリだな。イタリア人が見たら怒るだろうか。さすがにルゥを溶かしただけの液体は微妙だったので、冷凍のミックスベジタブルを加えたり、牛乳を足したりして完成。
コレが美味しくて笑える。適当バンザイ。
今回は小麦粉の量すら計らなかった(笑)

ニョッキをこねながら、アメリカの料理番組(?)に出ていた Il Divo の映像が頭に浮かんで思い出し笑いしちゃった。あれは肉団子のスープか?
まったく料理が出来なさそうな事を予感させる手つきの Carlos と、ここでもなにかと世話を焼く苦労性の David 、その二人にお構いなく黙々と肉団子を作る Sébastien & Urs が面白いったらなかった。(Carlos 以外は皆、料理が出来そうな感じ…)
その前に全員揃ってエプロンしてる姿がオモシロ過ぎる。その後でDVDのライブ映像を観るとギャップがあり過ぎて笑える。(けなしてるわけじゃないですよ)

今日はもう、思考がなんでも Il Divo に辿り着いてしまうらしい。
明日、無事にチケット入手できるよう、もう一度お願いしておこう。(何に?)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-12 22:41 | その日あったコト

もういい加減…。

飽きた方がいいんじゃない?イタリア料理。
今日で5日目。ほんとしつこい。

今日はウッカリとチーズ売り場に立ち寄ってしまったのがいけなかった。
夜勤明けは買い物熱が上昇してしまう。これはもうビョーキの一種だ。
もともと本屋に用事があったので、開店時間までスタバで時間をつぶしてから上階にある本屋へ。お目当ての本を購入し、地下鉄の改札へ向かう途中の道のり…エスカレーターから見える場所。そこには大好きなチーズコーナーがある。
(何処の事なのか、わかるヒトにはわかるだろうなぁ…そこで真剣な目でチーズと値札を見つめてる怪しげな人物がいたら、それはワタシです。)

見てしまったら買っちゃいますもの。
案の定、買っちゃいましたもの。

お財布と相談の上、買ってきたのはどっちもイタリアチーズ。
ゴルゴンゾーラ ガルバーニ gorgonzola galbani (ブルーチーズ)
グラナ パダーノ grana padano (ハードチーズ)
上のは名前の通りゴルゴンゾーラ、下はパルミジャーノレッジャーノに似たもので、それぞれのお手頃価格版って感じ。
100g当たりの単価が格段に違うけど充分おいしいし、充分臭いvv(笑)

f0024852_19334158.jpgそんなわけでイタリアン5日目のメニューは定番・チーズリゾット。
Risotto al formaggio
なんかお粥みたい。
昨日のリゾットよりもさらに貧相に見える。
ていうか、そろそろ飽きろよ自分。

[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-09 20:06 | 美味しいもの

しつこく。

今日もイタリア料理を食す。4日目。そろそろしつこい。
でも食欲はだいぶ復調の兆し。それはそれでよしとしよう。

f0024852_13183178.jpg朝兼昼食にリゾットを作ってみたけど…これはなんだ? グリーンピースがメイン?じゃあ…
Risotto con piselli ?
なんかそう考えると貧乏くさいな。
グリーンピースに罪はないけど…やっぱり貧乏くさい。
そういえばイタリア人の元カレとイタリア料理の話題で話していた時(まだ付き合っていた当時)、『リゾットおいしいよね』と言ったら『え~?!』という反応が返ってきた。ニュアンス的には『なんでそんなのが好きなの?』と言いたげだった。たぶん美味しくない等という意味じゃなくて、もっと他のものを挙げてよってコトだったと思うけど。

珍しく寝起きに料理したら時間があっという間に過ぎる。
ムダに過ごした連休も終わっちゃった。
仕事に行かねば…
あ~あ。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-08 13:31 | その日あったコト

イタリアかぶれ。

またしてもイタリアン。これで3日連続イタリア料理を食してる。
まぁいいか。

今日は大量のジャガイモ消費計画の一環として、ジャガイモのニョッキ gnocchi di patate を作った。そういえば、ニョッキは大好物だけど作ったコトなかった。

爪の間に小麦粉と芋と卵黄が詰まって大変だったけど、なんとか無事に出来た。
f0024852_23393643.jpgソースの方が多い? 気のせいだ!!
最初は生クリームとパルメザンチーズ(贅沢を言えばゴルゴンゾーラが欲しかった…)でソースを作ってたけど、なんか味が物足りない。バターや塩も入ってるのに。そこで冷蔵庫にあったゴーダチーズもすりおろして投入。(ホワイトソースにゴーダチーズって…;) 味はこれで良さげ。なんでもアリだな。なんとなくパセリをふりかけて完成。
イタリアンというより、最近はベジタリアンと化してる…。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-07 23:44 | 美味しいもの

ベジタリアン。

またしてもオカンから大量のジャガイモ(北あかり)が届いた。確かに『欲しい』とは言ったけれど…多すぎますから。そして送られてきた箱の中に小さな袋が一つ。そこにはブドウ糖(固形)が入っておりました。ああ…ご心配をおかけしております。

いろんなヒトに心配をかけまくっているので、反省をして久し振りにちゃんと料理をして食事をとった。まだ量は少しだけど、ダイエットだと思えばいい。

この間、本屋で野菜ソムリエ監修の本を立ち読みしてたら無性に野菜が食べたくなり(といっても最近はほとんど穀物か野菜しか口にしてないけど)、その横にあった≪野菜がおいしいイタリアン≫という本がスゴク良かったので衝動買い。
近頃の無気力さのせいで冷蔵庫に放置されてたカラーピーマンが傷んでしまう前に食べようと、ピーマンのレシピページを読む。
ピーマンって、調理する前に焼き網で真っ黒になるまで表面を焼いて皮をむくと、甘みが増すんだって。もしかしたら世間では常識的な知恵なのかもしれないけど、少し前まではピーマンを自らすすんで食べるなんて考えられなかった自分にとっては目からウロコ状態(?)。

f0024852_1955032.jpg本ではニンニクや赤ワインビネガーを使ってソテーにしたものを紹介してたけど、白ワインビネガーしか家になかったので、焼いて皮をむく知恵だけ拝借。オリーブオイルで焼き目がつくまで炒めて、醤油とバルサミコ酢(1:1)を合わせただけの簡単ソースをかける。このソースは以前、平野レミが玉ネギのソテーのレシピで紹介してたもの。
f0024852_19122710.jpgもう一つ作ったのが、焼きミニトマト。これも簡単。耐熱皿に少量のオリーブオイルをひいて、ニンニク(おろし)を混ぜ合わせておく。そこへ皮をむいたミニトマトをゴロゴロ並べ、少しだけ塩をふって混ぜてから、適当にちぎったバジルの葉をのせ、チーズをおろしてふりかけ(粉のパルメザンでもきっとおいしい)、あとはオーブンで焼くだけ。
f0024852_19155471.jpg今日は簡単なのばっかり。でも一応ちゃんと料理して食事をしたってことで満足。ピーマン甘かったな~。野菜はいいよね。そしてオリーブオイル最高。イタリア料理万歳。

あ、ジャガイモの事を忘れてた…( ̄△ ̄;)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-06 19:26 | 美味しいもの

穀物。

黒豆が好きだ。すご~く黒豆が好きだ。
特に、お正月に食べるアノ黒豆がダイスキだ。お正月じゃなくたって買う。季節を問わず食べる。たまにはお弁当のスキマにまで入れる。今日もスーパーで買ってきた真空パックの黒豆(煮)を食べた。1袋を一気食い。さすがにチョットやりすぎた感はなくもないけど。

近頃、穀物類しか口にしてない気がしてきた。
何日か前までは枝豆ばかり食べ続けてた。例によってオカンが大量によこしたから。友人に『豆好きだよねぇ~』と言われて気づいたけど、その通りだ。黒豆以外の豆も大好きだ。
豆といえば、イギリス文化圏(たぶん)ではキドニービーンズを甘く煮たものをトーストにのせて食べるんだ。最初は『え~?!』と思ったけど、食べてみるとオイシイ。豆ならなんでもいいのか?!と自分の味覚を疑ってみたり。
その後やってきたのはジャガイモづくしの日々。“インカのめざめ”と“北あかり”をまた大量にもらったので。ジャガイモは好きだけどカレーやスープ類に入っているのはキライなので、どうしてもジャガイモをメインに据えた料理になってしまう。かといって肉じゃがとか時間のかかるものは作りたくない。台所がサウナ状態になるから。普段から揚げ物もしないし。

じゃあどうやって食べる?

簡単なのはレンチン♪
ラップで包んで電子レンジにおまかせ。バターをつけてもいいし、マヨネーズ&バジルペーストの組み合わせもいいし、ラクレットもいい。
あとはレシュティ(ロースティとも言うかも?)。正しい発音はわからないけど、ドイツかスイスの家庭料理だったハズ。ジャガイモで作ったお好み焼きみたいな感じ? 茹でたジャガイモを細切りにして、バターを塗った耐熱皿に軽くつぶしながら詰めてオーブンで焼いたもの。
でも私はそんな面倒な手順(これだけなのに?)は踏まない。フライパンにバターをひいて、細切りにしたジャガイモをぎゅうぎゅう潰しながら中~弱火で焼く。これがまたオイシイんだ♪
塩・コショウだけで味付けて、刻んだパセリをのせて食べるのが私の定番。ベーコンや野菜を加えてもいいし目玉焼きをのせてもいける。もちろんチーズも相性良しv

話がそれたけど、そんなわけで穀物ばかり食べてる。久し振りに炊いたご飯も雑穀入りだし。どうも買い物に行っても目線は穀物類に…。
健康にはいいかもしれないけど、それ以外を食べてないからダメじゃん。
暑くて料理する気も沸いてこないよー。早く涼しくなればいいのに。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-17 22:43 | 好物のコト

やばうま。

オカン(母)が趣味でやっている野菜づくりが、去年オカンの妹が近所に引っ越してきたことでパワーアップしているらしい。電話などでアレが甘かっただの、美味しかっただのという話をするばかりで、ちっとも私には分け与えてくれないので『じゃあ送ってくれよ!』と半ギレ気味で訴えてみた。

この前、おとう(父)が札幌ドームでの巨人戦のチケットを買ったから一緒に行くんだといってオカンが札幌へ来た。その時に野菜を持ってきてくれたのはいいんだが、その選択はどこかオカシイ。
まず大量のミニトマト。私、一人暮らしなんですが?と実際に言ったほどの量のミニトマト。と、普通のトマト6個。何回も書くが、大量のミニトマトと、普通のトマト6個。トマトだらけ。
そしてキュウリが4本、まあこれはいいとする。束のようなパセリも、刻んで冷凍できるからいいとしよう。欲しいと一番訴えたスナックエンドウはちょびっと。あまり採れなかったらしいから、まあこれもいいとしよう。
それから大葉(しそ)が30枚。
大葉30枚。
だから、私は一人暮らしですよ?!ミニトマトとかなら友人や同僚に分けたり出来るけど、大葉はそうもいかないでしょ?!大葉を配るヒトなんて聞いたことも見たこともないよ!しかもメインで食べれるものじゃないし!!
オカン曰く、『大丈夫、市販のものと違って長持ちするから。冷蔵庫で一週間から10日は平気だよ』  …その一週間から10日(しかも一人)で30枚の大葉を食べ尽くせと?!

腐らせるのは忍びないから頑張って食べたよ。
そうめんや冷奴の薬味にしたりして。(ちなみにそうめんは好物ではない)

残り10枚になったところで、なんとか一気に消費できないかを考えてみた。そこで作ったのが、中身が鶏肉とチーズと大葉の春巻き

まずは大葉を洗って、よく水気をきっておく。
鶏肉(ササミ)は塩・胡椒をふって下味をつけてから少量の白ワインを加えて焼き、冷ましてから適当にさいておく。
その間にチーズを小さめに刻む。今回使ったのは冷蔵庫にあったカチョカバロというチーズ。加熱に向いてるチーズならなんでもいけそう。スライスチーズとかがあると巻く時に楽かも。
あとは春巻きの皮(ミニサイズを使用)に大葉を1枚まるごとのせ、さらにそこへササミとチーズをのせて巻く。ウチにはフライ用の鍋がないので、フライパンに多めの油をひいて焼いたけど、春巻き自体は小さいのでそれで充分。

f0024852_23581391.jpgこれが自分で作っておいてなんだけど、ヤバウマだった。マジうまい。そのうちまた作ろう。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-07-18 19:34 | 美味しいもの

ヤキソバ?

f0024852_17375054.jpgダイスキな業務用食材のお店をウロついていた時にこんなものを見つけた。≪本場タイの伝統的な麺料理をご家庭でお気軽に≫と謳われ、商品説明はこんな感じ。
≪甘くてぴりっと辛いパッタイはタイで最もポピュラーな伝統的料理です。(中略)バンコク屋台の味をお試しください。≫
パッケージにはタイ風ヤキソバとも書いてある。見つけた瞬間に手にとっていたそれは、家で長期間に渡り放置され続けていた。(笑) いつも気になってたんだけど、中身が2人分。こういう好き嫌いがわかれそうな食べ物は気軽にヒトにすすめられないから結局は1人で作ってみることに。たぶん美味しいだろうという妙な確信とともに買ってきたものではあるけど、もしも美味しくなかったとしても2回食べることになるんだろうな…とチョッピリ不安がよぎる。

キットに入っているのは米麺とシーズニングのみ。
レシピで推奨されてた具材は卵・海老または鶏肉・野菜・もやし・木綿豆腐・ピーナッツなど。具沢山のほうがおいしいだろうけど、家計と相談の上で実際に使ったのは海老もやし木綿豆腐のみ。
麺は別で茹でながら、その間に具材を炒め合わせる。卵を炒り卵にしておき、フライパンで海老を炒め始め、豆腐、もやしを加える。粉状のシーズニングに麺の茹で汁を少し加えて溶かし、茹で上がった麺とともにフライパンへ。よけてあった炒り卵も加え、よく混ぜながら炒めて出来上がり。簡単。より本場っぽく仕上げるには、ここで砕いたピーナッツや香草、ライムなんかを添えたらよいとのこと。でも家計と相談した結果…(略)。

万能ネギ(いつも冷凍で常備してある)を添えて完成。さぁ食うぞ食うぞー。
f0024852_17582163.jpg…うまっ!
辛みは後味で少しだけピリッとくる程度で、ちょっと甘すぎる気がしなくもないけど美味。 たしかにライムがよく合いそうな味だ。辛みが物足りなければ一味でもかければいいし。これはうまいっすわ。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-06-13 18:04 | 美味しいもの

はなまる。

8日朝の花◎マーケットを観た。たぶん、初めて観たと思う。
それも職場のホテルの、朝食用ラウンジのTVでたまたま観た。

ちょうど後片付けをしていて、電源を落とそうとTVに近づいた時に話題になっていたものが気になった。だって…≪豆腐のジェラート≫なんてものを作っていたのだもの。気になっちゃうわけっすよ。
すぐにレシピを記憶できたくらい簡単に出来て、材料もわずか。さっそく帰り道に材料を仕入れて作ってみた。

まず生クリームに砂糖を加えて泡立てる。(お菓子づくりなんてした事ないので、入れる砂糖の量の多さにビックリした;)
我が家に電動ミキサーなどというステキな道具はないので、ひたすら泡だて器(つまり手動)でシャカシャカとかき混ぜる。腕全体が疲れる。ボウルを持つ手もプルプルしてくる。七分立てにせよと言っていたが…この液体が本当に人力でもったりとするのか?と疑いたくなる。気が遠くなりそうだ。

ずいぶん時間がかかったけど、ようやく生クリームがそれっぽく泡立ってきた。絹ごし豆腐とヨーグルトを加えてさらに混ぜれば完成間近。
そろそろ手も限界…と思ったところで、左手に持っていた豆腐をキッチンのシンクの中に落とした。
やっちまった…(==#) 気が滅入る。さすが絹ごし豆腐なだけあってか、たいした高さから落としたわけでもないのにグチャグチャになっている。やるせない思いでそれを集め、一瞬だけ躊躇してからボウルへ投入。忘れよう。今のは忘れよう。うん。

ココアを入れてチョコ味にしても美味しいというので、ココアを入れたのと2種類作って冷凍庫へ。楽しみだなー。でも心からウキウキ出来ないでいるのは何故だろう…。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-05-09 01:34 | 美味しいもの