タグ:IL DIVO ( 12 ) タグの人気記事

粘り勝ち。

45分粘って、Il Divo 来日公演のチケット入手!!!!
2日間ともGET!!o(`▽´)o  ありがとう!!(言いたい気分でした)
2公演続けて観に行くなんてコト、自分史上初。
コワイ。自分がコワイ…(゜д゜;)

今朝も会社はえらい忙しくて、それを想定していつもより早めに出社して朝のうちに仕事をある程度片付けておいたのに…それなのに電話は鳴りっぱなし、フロントの呼び出しベルは鳴る、業者がやって来る、その間に他の仕事もたまる…地獄絵図のような忙しさだった。

それでも目とキーボードを入力する手は執念でパソコンへ。どうしてもパソコンの前から離れなければならない瞬間は気が気じゃなかったな~。
(仕事しろ!!)

17時になったら、ウカレながら退社してやるぞ♪
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-13 14:55 | その日あったコト

なんでもアリ。

ジャガイモ増殖中。
この前オカンから大量にジャガイモが送られてきたばかりだというのに、今度は会社の後輩から“おすそわけ”をもらった。彼女も実家から大量に届いたらしい。
注)北海道はアイダホではありません。
その中に知らない品種があった。サツマイモみたいな赤い皮で、中もほんのり黄色い。レッドムーンというらしい。ジャガイモの新品種は結構知ってるつもりだったんだけどな。
再注)北海道はアイダホではありません。

興味津々に見つめている場合じゃないよ。また増えちゃった。
なんで私は毎日『ジャガイモどうやって食べよう?』とアタマを悩ませているんだろう。

大量に消費するにはやっぱりニョッキか。
ってことでまた爪にジャガイモ(今日は男爵)と小麦粉を詰まらせながらニョッキ作り。

f0024852_22213228.jpg今回は余ってたカレールゥを使ってカレーソースにしてみた。私にかかるとホントになんでもアリだな。イタリア人が見たら怒るだろうか。さすがにルゥを溶かしただけの液体は微妙だったので、冷凍のミックスベジタブルを加えたり、牛乳を足したりして完成。
コレが美味しくて笑える。適当バンザイ。
今回は小麦粉の量すら計らなかった(笑)

ニョッキをこねながら、アメリカの料理番組(?)に出ていた Il Divo の映像が頭に浮かんで思い出し笑いしちゃった。あれは肉団子のスープか?
まったく料理が出来なさそうな事を予感させる手つきの Carlos と、ここでもなにかと世話を焼く苦労性の David 、その二人にお構いなく黙々と肉団子を作る Sébastien & Urs が面白いったらなかった。(Carlos 以外は皆、料理が出来そうな感じ…)
その前に全員揃ってエプロンしてる姿がオモシロ過ぎる。その後でDVDのライブ映像を観るとギャップがあり過ぎて笑える。(けなしてるわけじゃないですよ)

今日はもう、思考がなんでも Il Divo に辿り着いてしまうらしい。
明日、無事にチケット入手できるよう、もう一度お願いしておこう。(何に?)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-12 22:41 | その日あったコト

もう?!

昨日 Il Divo の来日詳細がニュースになってたから、そろそろ先行発売の日程も発表になるかな?と思っていたら…イキナリ明日から先行販売開始ですってよ!!早っ!!

よりによって朝から仕事の日に…と途方に暮れながらシフト表を眺めていた。
あっ上司が公休だ♥ 明日の日中にいるメンバーなら、堂々と宣言してチケット取りが出来る!p(T▽T)q ハラショー! (どういう会社だ…)

ああそれにしてもチケットが高い。
札幌ドームでの BON JOVI のチケットがS席で¥9,000だったというのに、A席で¥9,450、S席で¥10,500…値段だけなら既に大御所扱い。
でもたったの3公演、しかも完売しても15,000人にも満たない観客動員数じゃ、これくらいのチケット代を取らないと儲からないんだろうな。
もっと公演やってよー。滅多に来てくれないんだから。
日本にいると本当に情報入ってこないし、メディアへの露出も皆無に近くて悲しいよ。
北米やヨーロッパの人達はいいよなぁ…

まずは明日!チケット取るぞ!
どうか11時に忙しくなりませんように…(-人-)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-12 19:49 | その日あったコト

来日詳細。

Il Divo の来年の来日公演の詳細が少し発表になった。

’07.1.29(mon)・30(tue) 東京国際フォーラム
’07.2.1(thu) 大阪フェスティバルホール

平日開催だとは思わなかったな~。私は嬉しいけど。
それにしてもたったの3公演。しかも3000~5000人のキャパ。東京国際フォーラムの一番大きいホールが約5000人収容らしい(照明のお仕事をやってるヒトから聞いた)。まさかそれより小さいホールでってことはないよね…。
ニュースにも書いてあったけど、プラチナ化必至?!でもコンサートにしても芝居にしても、小さいホールの方が好き。だってやっぱりステージまでの距離とかね。
2日間とも観たいなぁ。チケットが取れればの話しだけど。
場所が東京駅のスグ側…横浜の従兄弟の家に泊まろうかと企んでたけど、出てくるのに不便だな。宿泊費も考えなきゃならないか(==;)ムゥ

サンスポのニュース
 
とりあえず日程がわかったから、飛行機の早割りチケットを取るのを忘れないようにしなくちゃ。AIR DOで行けばいつも安いけど、以前はじめてAIR DOに乗った時に、やっぱりANAがいいなぁと思ってしまった。決して悪くはなかったけど、あの機体の小ささが不安…。
だって新千歳(札幌)⇔羽田(東京)といえば日本一の旅客数を誇る路線でございますよ。(最近知ったくせにエラそうに…) だから臨時便などでもない限り、いつ乗ってもジャンボ機だと思ってたわけ。でもAIR DOはやはり小さかった。
小さい飛行機は苦手なのだ!

話がそれた。
まずはチケット!チケット取らなくちゃ!!

11/27発売の3rdアルバム≪Siempre≫も楽しみだー♪
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-11 17:47 | その日あったコト

間違い?

勉強がてら、Il Divo の歌詞を訳してみようかと思いついた。まだそんなこと出来るレベルじゃないのは知ってるんだけどさ、発音練習に飽きてきちゃったから気分転換。へへ。

でも外国人アーティストのCDについてる歌詞カードって間違い多いよね。Il Divo の歌詞カードも、曲を聴きながら追っていると時々『ん?』となる箇所がある。

とりあえず“ ISABEL ”を訳してみようと思ったんだけど、これもそう。明らかに脱字だとわかる所もあれば、自分の知識が及ばす微妙なままの所もある。アクセント記号も随分と抜けてる。
歌詞自体は単純なものが多いから、動詞の変化に気をつけて読んでいけば(不規則変化の動詞は厄介だけど)なんとか訳していける。でも熟語や代名詞の取り扱いが難しい。まだそんなに勉強してない部分だから仕方ないけど。

一通り訳してみて、CDに付いてる日本語歌詞と答え合わせをしてみた。
…なんか解釈が違う。

特に相容れない(笑)のが、
≪Escapando del pasado tú y yo siempre enamorados≫のところ。
※カードでは tu になってたけど、ここでの tu のハズ。
歌詞カードの訳は(こんなとこで引用していいのかな…;)
≪過去から逃げて  君と僕  いつも愛し合う二人≫
↑この文章自体、つながりがおかしくない?間違ってはいないよ。間違ってはいないけど、曲の流れからいって、こういう意味になるか?と疑問。

私の解釈だと
≪過去から逃げた(Escapando del pasado)≫の≪過去(pasado)≫というのが≪tú y yo siempre enamorados (いつも恋している君と僕)≫なんじゃないの?と。
だから
≪いつも愛し合っていた過去の二人から逃げた≫とか
≪二人がいつも愛し合っていた過去から逃げた≫とか
となるんじゃないのかな?

プロのヒトが訳したであろうものに勝てるわけないけど、曲全体を考えればオカシイと気づきますって。ヤツらにとっては、やっつけ仕事の一つで、ちゃんと曲を理解する気なんてなしに訳したんだきっと。だからこういう訳になるんだ。

…と、まだ大口なんて叩けない入門レベルの私は、ここで誰に言うわけでもない小さな主張をしてみる。
それとも私の考えが間違ってるのか??スッキリしない…
[PR]
by musta-kahvi | 2006-09-02 18:22 | その他のコト

合成。

話題にするのを忘れてたけど、買ってたのですわ。FIFAワールドカップ2006の公式テーマソング、“ THE TIME OF OUR LIVES ”のCDをさ。アルバムじゃなくてシングル(たぶん日本未発売)の方。だってこっちにはビデオクリップも入っているのですもの。

届いた時にチョット驚いたのが made in Germany だったこと。そりゃあね、ドイツ大会だったわけですから不思議なコトではないんだろうけど、なんだか予想外。
そしてジャケット。明らかに合成じゃないっすか。
f0024852_1183737.jpgf0024852_1185255.jpg
トニ・ブラクストンの画像の方はどうか知らないけど、Il Divo の方はDVDジャケットの使いまわしじゃん。売り物としてどうなのソレは?!
それにしてもトニ・ブラクストン、キレイになったねー。もともと美人ではあったけど、昔(特にデビュー当時)はヒスパニック系特有の田舎臭さというか…どうも冴えない感じだったのに。

今更ながらW杯開幕式&決勝戦の録画をしていなかったことが悔やまれてならない。デッキが壊れてさえいなければ…(T-T) 決勝のカードがイタリアvsフランスという個人的に興味が薄いチーム同士だったし、あの頃はまだ友人に頼んで録画してもらうほどには Il Divo に心酔してなかったからなぁ。もしブラジルが決勝に進出してたなら絶対に録画を頼み込んでいたけど。そうだよ、ブラジルかせめてアルゼンチンが決勝に進んでいれば…(思い出したらまた悔しくなってきた)

そういえばビデオクリップでURSが右端以外の立ち位置にいたのが新鮮だった(笑)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-26 11:29 | どうでもいいコト

末期。

Il DIVO の“ THE CHRISTMAS COLLECTION ”を買ってしまった。真夏に。
少し前までは買う気なんて無かったんだ。だっていつもなら好きなアーティストであってもオムニバス系とか、こういうクリスマスソングとかのCDは買わないから。シングルや re-mix アルバムですらよほどの理由がない限り、躊躇するくらいだもの。
だけどDVDで“ O HOLLY NIGHT ”を歌う彼らを観てるうちにムラムラ(?!)と。 チョットは迷ったんだ。『そこまでハマる気なのか?!』と。いや、もう充分ハマってるのは自覚してるけどね。だけど普段なら買わないCDまでも買うの?と。 なのについでに本まで買っちゃった。“ ROMANCING THE WORLD ~A BIOGRAPHY OF IL DIVO~ ”っていう洋書。だっていつも Amazon が強くオススメしてくるから。(笑)  こういうアーティスト本だって今まで買ったことないのに。
もういよいよ末期症状だな。

今日そのCDと本が届いたわけだけど…いいね!すご~くいいね!!どれだけ私をノックアウトすれば気が済むんだアイツらは?!たいして好きでもないクリスマスソングがやけに魅力的に聴こえる。やっぱり声のイメージ的にURSが一番こういう曲にピッタリくる気がする。聖歌隊やオラトリオでの経験が長いせいもあるのかな?本領発揮?!
いつもより多いURSの稀少な高音ソロに悶えてみたり。曲の特性のせいかもしれないけど、普段ならDavid が歌ってそうな高音ソロを聴けてウレシイ♪キレイな声なんだもん。(歌ってる方は高音ばかりだと大変だろうけど) それにしてもやっぱり上手いなぁ…。
クリスマスソングでもスペイン語にするんだね。自信もってスペイン語だったと言い切れるほど聴き取れてはいないけど、“ WHITE CHRISTMAS ”で 「blanca navidad sueño~…」 と歌ってたからスペイン語のハズ。

気分昂揚中だからまだ語るぞ。
私にとってのURSの魅力はその声だけど、最近になって気づいたことが。
夏になると窓を開け放すから大きい音で聴くことが出来ないじゃない。特に夜間。クレームになったらイヤだし、自分自身も他の部屋から聴こえる大音量の音楽とか話し声がイヤだから。 …で、解決策としてヘッドフォンを買った。ヨドバシのポイントで。(生々しい?)
ヘッドフォンで聴くとウットリ度がさらに増すんだ。ブレスとかもよく聴こえる。それで気づいたんだけど…URSのブレス音がやけに小さい。マイクから口元をそらすクセ(意識的?)の所為でもあるのかな。静かな歌い方をする曲ではほとんど聴こえない。しかも注意深く聴いてると…1回のブレスで続く音が長い!これはプロの歌い手としてすごい武器だよね。あぁまたウットリポイントを見つけちゃった。

ちなみに高くないヘッドフォンを買ったせいか、たまに高音部で音が割れ気味。特に“ SI TU ME AMAS ”のURSのソロパート。私にとって大事なトコなのに!(`д´)

そういえば近頃は“ HOY QUE YA NO ESTAS AQUI ”を一番よく聴いてた。この曲は私の中でのDavid の評価が一気に跳ね上がった曲なんだ。David の声の良さも技術も他の曲で充分に伝わってたけど、こんな風に歌うことも出来るのか~と感動したのをよく憶えてる。特に後半のサビ部分、ファルセット気味の切ない歌声がすごくいいんだ!これをヘッドフォンで聴くともう鳥肌モノ。きっと私のカオはかなりヤバイことになってるはず。

またヘッドフォンで“ THE CHRISTMAS COLLECTION ”を聴きながら例の本を読もうと思ったんだけど…暑さで放棄。だってこの蒸しまくりの部屋でハードカバーの本を読む気にはなれませぬ。しかも英語だし。絶対に辞書、それも英和と英英の2種類が必要なハズ。
なのでとりあえず写真だけ眺めておいた。
過去の出演作品の写真とかも載っててウレシイっすね。でもURSのオランダオペラ出演時の写真…あの中にいるのかどうかすらもわかりませんけど…; (他になかったの?!)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-20 18:17 | 趣味のコト

調子に乗って。

Il Divo のCDラベルをもう一つ作ってみたり。
今度はちゃんと時間をかけた。
だって1枚目のアルバムのジャケット画像が、円形にうまく収まってくれなかったんだもん。2枚目のジャケットはほとんどいじらずに使えたのに。

一番困ったのはSebastienの位置。ちょうどCDの中央の穴のところに顔があるのですもの。Carlosの顔も元の画像からして途切れてるし。仕方ないからSebastien & Carlosの2人を切り抜いて位置調整。でもやっぱり微妙な配置にしか置けない。ちょっと不満が残るけどこれ以上はムリだ。
あとは足りない背景やURSの肩を付け足したり、Sebastien & Carlosの抜けた穴を埋めたり(笑)してイロイロと修正を加え、不自然さが目立たないように画像を加工。
f0024852_17112087.jpg実際に印刷してみると予想以上に仕上がりに違いが出た。せっかく昔の映画ポスターっぽく加工した画像も、フツウの写真のままみたいに見える。色も本当はもっとキレイなセピア調なのに、なぜか緑っぽい色が出てCarlosの肌が微妙に宇宙人みたい。ガッカリだ。高画質対応じゃない安いCD-Rだからか?!庶民をバカにしやがって!(違)

ちなみに最初に作ったモノクロ調バージョンが、印刷してみると非常に怖ろしいホラーな画像に仕上がってしまったコトは内緒。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-12 16:57 | どうでもいいコト

迷う。

いや~困った。ホント迷う。

今年のトヨタカップのチケット、友人が取ってくれるだろうからと油断してた。つい先日その友人から、一番人気と思われる決勝戦&3位決定戦がセットになってるチケットは高い席しか残ってないとメールがきた。なんと¥22,000!!
札幌から横浜へ行く旅費だって結構かかるというのに、にまんにせんえん?!

でもバルサの試合は観たい。

親友A と話してみる。バルサが観れればいいんだと主張する私のワガママを聞かされながら、ネットで調べてくれた。バルサはシードが決まってるから、バルサが最初に登場する試合だけに狙いを定めて行くという手もある。ちなみにこっちのチケットは、さすがに安い席は売れてしまったようだけどまだ¥14,000などの席もある。

そこでAが一言。
『どっちみちバルサはシードなんだから、負けても3位決定戦には出るってことだよ』と。モチロン決勝進出の可能性だって大いにある。…ということは、1試合で¥14,000払うなら、2試合(それも決勝&3位決定戦)を観られて、なおかつバルサの試合も観られるのならば¥22,000は安いのか?!でも単純に金額を追うなら¥8,000の差はデカイ。1試合につき¥11,000払うってことでしょ?(考え方がケチくさい)

困った。
だってその翌月には Il Divo のコンサートへ行くのだ。行かなければならないのだ。(これにAを巻き込む作戦もそろそろ展開しなければ!)

迷いながらネットを徘徊しつつ、Il Divo のCDを家で聴く用にコピーしていた。何度も繰り返し聴くようなお気に入りのCDは、オリジナルを温存(?)してコピーしたCDで聴くのだ。f0024852_415418.jpg
なんとなく気まぐれでそのCDのラベル画像を作っていたら傑作が出来た。
photoshopでテキトーに(しかも数分で)作った割には良い出来じゃない?淡い色調にしたお陰で、大雑把な処理をした痕跡がわからないところが素晴らしい。(笑)
こんなコトしてる予定じゃなかったんだけど…(==;)

悩んでる間にもチケットの残数は減ってるんだろうな~。
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-11 03:38 | その他のコト

刺激。

引き続き今日も暑い…
暑いっつーのにカレー作っちゃったりなんかして、家の中がヒドイことになっている。オカンが姉経由でくれた枝豆を食べてる時に、ふと枝豆入りカレーを作ろうなんて思ってしまったのがいけなかった。皮膚科の病院へ行った帰りにスーパーで材料を仕入れ、帰宅。(思いがけず砂糖が安かったのでつい買ってしまい重いったらなかった)
ただでさえ暑い家の中で、キッチンはもうサウナのようだった。暑い。とにかく暑い。すぐ近くで扇風機をまわしてるのに汗が出てくる。せっく塗った日光湿疹用の薬も効果なくなってるんじゃないだろうか。でも好きなものに対する行動力は凄まじいので、暑さに耐えながら作ったカレーが出来上がる。スパイスの匂いを嗅ぐと元気出てくるよね。

その間も(毎日だけど)TVでは Il Divo のDVDかけっぱなし。近頃の元気の素ですから。つい最近までは Bon Jovi のDVDが入りっぱなしだったんだけどね。
元気の素っつーか、妄想の素?

何回聴いてもURSの声にやられっぱなし。もちろん他の3人の声もすごくイイんだけど、URSの声ほど私の脳を刺激するものはないんだこれが。
DVDの中でCarlosが『URSの声は美しいモーツァルト的テノール』と言ってたけど、思わず納得してしまう喩えだと思った。すごく繊細な声というか…。高音域の声の甘さならダントツでDavidだと思うし、低音域ならやっぱりCarlosの独壇場なんだけど、同じようにクラッシックの世界で活躍してきたこの2人の声とはなにか違う印象を持ってる。

特に私がウットリするのは2枚目のアルバム【ANCORA】の2曲目、“ISABEL”という曲。これのソロ部分がまたキレイなんだ。URSの声はこういう切ない曲によく合う。あの声で『僕のところへ戻っておいで 僕が幸せにしてあげるから』 とか 『君がいないと僕の心の火は消える』なんて歌われたら昇天しそうになるよ。(だいぶ妄想が入ってきてる) その後の『 Isabel 』と突然低く囁くように歌うところが犯罪的で、毎回ここで殺される。(CDで聴くとCarlosの声に聴こえるんだけどな…) DVDのライブ映像の中で、当然のようにここはURSのアップなんだけど、『 Isabel 』の“L”を発音する舌の動きがイヤラシイv ←嬉しそう (“L”を発音する時は皆そうだっつーの)
歌詞といえば“HASTA MI FINAL”もヤバイね。もうプロポーズですものアレは。もしも最初から最後までURSの独唱…それも生歌だったりなんかしたら、全部を聴かないうちに死んじゃうかもしれない。(どんなシチュエーションを妄想してるのやら)
そういえば“HEROE”にはどうしてURSのソロがないんだ?!(`д´)=з 暴れるぞ!
秋には3枚目のアルバム(楽しみ♪)が出るみたいだから、来年の来日コンサートの時にはその中の曲が中心になるのかな?“ISABEL”歌って欲しいんだけどなー。

ところで彼らは何ヶ国語を自由に話せるんだろう?
Davidはアメリカ出身だから英語でしょ。オペラの修士号を取ってるってことはイタリア・ドイツ語も出来そう。来日プロモーションのために日本語も少し勉強したらしいね。
Carlosはもちろんスペイン語だよね。でも生まれはドイツらしいから、ドイツ語も?David同様オペラを歌うためにイタリア語が出来るかも?英語はコミュニケーションに不自由してはいないだろうけど、聴き取りにくい訛りがある。歌ってる時の英語はキレイなのにな。
Sebastienはどうなんだろな。英語はかなり堪能っぽい。本人も言ってたけど、フランス人は他国の言語を嫌うっていうイメージがあるからな~。
一番わからないのはURS。
スイスは(スイス)ドイツ語とフランス語が多いよね。出身地からいくと多分ドイツ語圏。でも多少なりともフランス語やイタリア語に馴染みがあるだろうし、フランス人歌手に個人レッスンを受けた経歴もあるくらいだから日常会話くらいこなせちゃいそう。そして、大人になってからオランダへ移ってるから、きっとオランダ語も話せそうだな。独特の訛りで流暢な英語を話すけど、聴きづらくはない感じ。話す声も良いから、訛っててもいいんだv (重症) ちなみにスペイン語の発音は贔屓目ナシでURSが一番うまい気がする。(ラテンアメリカ系の発音しか知らない私に言われたくはないだろうけど)

いやほんとに、ヤツらは何ヶ国語を…(ーー;) 欧米の環境ってウラヤマシイ…
語学留学したーい!っていう気になってくる。自分の理想としては、英語・スペイン語・イタリア語・中国語・ドイツ語を話せるようになりたい!欲張りだけど。
フランス語は…話せたらいいだろうけど、あの発音をマスターできる気はしないので最初から白旗。あれは宇宙語ですよ!カナダ人の友人に『カマンベール』の正しい発音を教わったことがあったけど(なんでカマンベールだったのかは憶えてないけど)まったくダメだったね。そんな音出せるか!と怒りたくなってくる。スペルと発音の関係性も不思議だし。

せめて英語だけでも、今の中途半端さからレベルアップしたいな。(じゃあ勉強しろ!)
[PR]
by musta-kahvi | 2006-08-09 18:57 | 趣味のコト